明治大の戦力の変動は?

明治大, 西山虎太郎, 日置航, 上田優弥, 村松開人, 中村奎太

明治大の新入部員が分かったので、チームの戦力変動を見てみたい。

主力野手が卒業

明治大は昨年主力として活躍した野手が大きく抜ける。渡辺佳明選手は東北楽天に6位で指名され、逢澤崚介選手、越智達矢選手、吉田有輝選手などが卒業、吉田・渡辺の二遊間に1番・逢澤選手、4番・平塚大賀選手、捕手の氷見泰介選手などキーとなるポジションの多くのメンバーが代わることになる。

内山竣選手、喜多真吾選手、添田真海選手、西野真也選手、和田慎吾選手などの新4年生や、清水風馬選手、公家響選手などが期待されるが、新3年生がやや戦力が薄い。新2年生、そして新入生の起用も考えられる。

投手は新4年生の森下暢仁投手がエースとなり、伊勢大夢や新3年生の入江大生投手、新2年生の竹田祐投手が先発候補として挙がってくるが、投手の層を厚くしたかった。

明治大のスポーツ推薦合格者をみると投手では実績もある日大三の中村奎太投手がおり、作新学院の高山投手など他の3人はポテンシャル型といえ、今年はじっくりと体を作り、森下投手の抜ける来年に頭角を現してほしい。

野手では日大三の日置航選手はU18代表にも選出された内野手、遊撃手として、また打撃でも高いレベルのものがあるが課題も見える。「明大のリーグ優勝、日本一に貢献できる人間になりたい。4年後、プロになれるよう頑張っていきたいです」と話しており、渡辺選手のように試合にでながら磨かれてゆきうまくなっていきたい。長打力では日本航空石川の上田優弥選手、智弁和歌山の冨田泰生選手といった実績のある選手がおり、上田選手は一塁などで1年目から出てくるかもしれない。大学野球のスピードについていけるか。

ちなみに上田選手は高校2年秋の明治神宮大会で、日大三との試合でホームに突入の際に斉藤龍二捕手に激突し退場させてしまった。このプレーにネット裏、そしてネット上から厳しい声が挙がり、昨年も注目スラッガーだったものの、なんとなくドラフトでの指名という所に名前が挙がってこなかった。明治大では日大三の主力だった日置選手や中村選手とチームメイトになる。昨年春のセンバツですでに謝罪をしており、わだかまりはない。今度は一緒にプロ入りを目指すことになる。

他には西山虎太郎選手はポテンシャルを秘める大型内野手で、大きく成長させたい。村松開人選手も足では高校トップクラスの逸材で1番バッターとして成長したい。この二人は4年後のドラフト候補として再び名前を挙げたい選手。

4年生の抜けた穴は大きいが、1年生は将来性を見越した感じの補強だった。しかし日置選手、中村選手と経験のある選手もいる。東京六大学では1年生の活躍が優勝を左右する所もあり、活躍が期待される。ただし4年間をしっかりと見て成長していくことも大切なことだと思う。

明治大のスポーツ推薦合格者(2019)


PAGE TOP