今年チェックしたいドラフト候補(その7)~大学生投手2~

青木勇介, 坂本裕哉, 木村将, 北南達矢, 飯塚亜希彦, 本田昂大

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手で、ぜひチェックをしてみたいという選手たち。今日も引き続き大学生投手編です。

びわこ成蹊スポーツ大・青木勇介投手

青木勇介投手は185cm85kgの右腕、もともとは140キロ中盤の球を投げる投手だったが、昨年秋にサイドスローに転向した。球速は130キロ台に落ちたものの、変化球の良いサイドハンド投手となっている。オーバースローでのポテンシャルも含め、変則フォームの投手は注目したいところ。

広島大・本田昂大投手

本田昂大投手は昨年出場した大学野球選手権で、148キロ右腕の中田朋輝投手に注目が集まる中で146キロを記録した投手。国立から2年連続で速球派投手が登場、ドラフト候補として注目される。

新潟医療福祉大・飯塚亜希彦投手

飯塚亜希彦投手は181cm80kgの本格派右腕で145キロのストレートと沈む変化球を投げる。エースの漆原大晟投手が抜け、エースの期待がかかる。チームからは笠原祥太郎投手、漆原投手がプロ入りしており、続くことができるか。

金沢大・北南達矢投手

北南達矢投手は181cm84kgの本格派左腕で、球速は153キロを記録するという。リーグで王者に君臨する福井工大にも勝利するなど実力十分で、左腕投手の少ない今年は一気に名前が挙がってくるかもしれない。

立命館大・坂本裕哉投手

坂本裕哉投手も180cm81kgの左腕で最速は148キロを記録する。12月の大学代表候補合宿に参加し、球質の良い球を投げた。立命館大は156キロの福島滉貴投手がいるが、坂本投手に目を留めるスカウトも多いかもしれない。

学習院大・木村将投手

木村将投手は187cm83kgの体があり、東都リーグ3部だが昨年春のリーグ戦では147キロを記録し4勝0敗の成績を残した。秋は2勝2敗だったがイニングも投げており、一度は注目したい投手。

2019年度-大学生投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP