日大が大勝、150キロ右腕・田村孝之介選手が3打席連続二塁打

日本大, 田村孝之介

東都2部の日本大は桐蔭横浜大とオープン戦を行い、19-4で大勝した。150キロ右腕の田村孝之介投手が3番センターで出場し、3打席連続2ベースヒットを記録した。

日大三で通算38本塁打

田村孝之介選手は175cmの投手で、日大三時代には140キロ中盤の速球を投げる投手として、また外野手としてもプレーして高校通算38本塁打を記録して注目されていた。日本大学に進むと昨年までの3年間は主に投手としてプレーしており、DH制でもあるため打席に立つ機会もそれほどなかった。

しかしこの日は3番センターで出場すると3打席連続2ベースヒットを記録、「初戦で不安があった。3打席目はよくなかったんで」と言いつつも、1本目は左中間へのタイムリー、2本目はレフトオーバーへの2点タイムリー、3本目は内野への飛球が風にあおられての2点タイムリーと5打点を挙げた。

主将でもあり今年は三刀流でチームを引っ張る田村選手、2月24日の法政大戦では投手として登板する。打撃センスも高く、投手としても150キロの球を投げる。東都2部にいる逸材としてマークされる。

2019年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

最速150キロのプロ注目右腕、田村孝之介投手(3年)が「3番・中堅」で出場し、3打席連続二塁打と打撃で活躍した。


PAGE TOP