来年ドラフトの目玉、苫小牧駒大の伊藤大海投手の復活投球に阪神、日本ハム、DeNAスカウト視察

伊藤大海, 苫小牧駒大

北海道六大学リーグでは苫小牧駒大の3年生で154キロの速球を投げる伊藤大海投手が復活の登板を見せた。

延長12回、147球

伊藤大海投手は昨年春に154キロの速球を投げてチームを優勝に導くと、大学野球選手権でも力のある球を見せつけ、侍ジャパン大学代表メンバー入りをし、リリーフで力を見せていた。しかし、秋のシーズン直前に左足首を骨折していた。

この日は7月に大学代表で投げたハーレムベースボールウィーク以来の登板となったが、最速は152キロを記録、9回に味方にミスなどで2点を失い2-2の同点で延長に入ると、12回まで147球を投げ、14三振を奪った。試合の行われた苫小牧市はまだ気温が4.6度だったが、その中で力のある球を投げていた。

この日は北海道日本ハム、阪神、横浜DeNAなど4球団のスカウトが視察に訪れたが、DeNAの欠端スカウトは「この寒さの中でも力のあるボールを投げていた。暖かければ、もっと出る」と話した。

この寒い中で12回を一人で投げさせるのは心配で仕方ないが、昨年春も同じような起用だった。わかっていても打てないストレートを投げる数少ない投手で、何とか故障をせず来年秋を迎えてほしい選手で、これだけの逸材を絶対に壊してはいけない。

2020年度-大学生のドラフト候補リスト

試合開始直後、午前9時の苫小牧市の気温は4・6度と、息が白くなるような環境下で、この日の最速は152キロ。最速154キロに迫る投球に、DeNAの欠端光則スカウト(56)は「この寒さの中でも力のあるボールを投げていた。暖かければ、もっと出る」と期待した。


PAGE TOP