西宮東の茶谷哲兵投手に3球団視察、国公立大工学系へ進学志望

茶谷哲兵, 西宮東

兵庫の公立からに今年もプロ注目選手がいる。西宮東の茶谷哲兵投手はこの日、関西学院を8回1失点に抑えて勝利、3球団のスカウトが視察に訪れた。

プロは「大学に行ってから」

茶谷哲兵投手は180cm82kgの右腕で、サイドハンドから力のある130キロ後半のストレートと、スライダー、チェンジアップを投げる。この日も5回に1点を失ったものの、「向こうはまっすぐのイメージが強いと思うので、変化球で攻めようと思っていた」と変化球を多めに投げ、8回を投げて1失点コールド勝利を挙げた。東監督も「変化球が決まってくれたことがよかった」と話した。

この茶谷投手にはこの日、プロ3球団のスカウトが視察に訪れたが、茶谷投手は現時点で大学進学を目指しており、国公立大の工学部を希望しているという。プロ野球については「大学に行ってから考えたい」と話している。

まだ、これからの投球次第、プロの評価次第では進路が変わる可能性もあるが、将来が楽しみな選手。

2019年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

茶谷は現時点では大学に進学する意向で、理数系科目が得意なことから、野球ができる国公立大の工学部を志望している。プロも注目する逸材だが「大学に行ってから考えたい」と話した。


PAGE TOP