大学野球選手権に登場するドラフト候補選手・4年生野手編

山田知輝, 海野隆司, 添田真海, 佐藤都志也, 北畠栞人, 小野寺暖

明日、開幕する大学野球選手権。今年のドラフト候補として注目されそうな4年生の野手を紹介します。

注目選手

今年、大学生で注目を集めているのは捕手、その中で東海大の海野隆司選手と、東洋大の佐藤都志也選手が選手権に出場する。

海野捕手は身長は173cmで上背はないものの、素早い送球と持ち前の強肩があり、甲斐選手を想像させる。強い投手陣がそろうチームの中で安定したリードを見せる王道の捕手と言える。打席はスタンドに放り込むようなパワーは期待しないが、逆方向やセンター返しでしっかりと打点を稼ぎ、4番としての役割を見せている。

佐藤都志也選手は、春のリーグ戦は打率.306、1本塁打で3打点と、昨年に比べると苦しいシーズンとなった。しかし、無駄のない打撃フォームがあり、外野手の頭を超えていく打球は一級品だ。リードではまだしっかりとした安定感は見られないものの、エースの3年生・村上頌樹投手をしっかりとリードし好投を演出している。肩は外野手で見せるバックホームほどのインパクトを、捕手のスローイングで見せることは多くない。やや三塁方向にそれる球も多く、捕ってからのフットワーク、そして送球の質は課題だろう。それでも、生まれ持った肩の強さは十分で、取り組み次第でプロでもトップクラスになれる素質がある。

大阪商業大の小野寺暖選手は180cmの右のスラッガーで、昨年は18打点を挙げてプロも注目している。今年春は打率.500で首位打者を獲得、昨年の太田光選手、滝野要選手に続いてプロ入りなるか。

4年生で注目選手として挙げられるのは、この3人のみ。今年や大学生野手の注目選手が少なく、その中で、慶応大の柳町達選手や国際武道大の勝俣翔貴選手といった選手が選手権の出場を逃したことで、やや寂しさを感じさせる。

その他の注目選手

ただし、それで楽しみな選手がいないわけではない。

八戸学院大の北畠栞人選手は167cmと小柄だが、シャープに振りぬくバットから広角に鋭い打球を放つ。春は3本塁打10打点でMVPも獲得、リーグの盗塁王3度の足もあり、ベストナイン5度の守備も光る。

東日本国際大の片岡奨人選手は春にMVPと外野手のベストナインを獲得、勢いに乗っている。上武大は辻井翔真選手は捕手で打率.432で首位打者を獲得、打てる捕手としてセンスがどのレベルにあるか注目したい。創価大の山形堅心選手は14打点で打点王を獲得、181cm88cmの体があるスラッガーで明徳義塾・馬淵監督も期待した逸材が開花するか。

明治大は添田真海選手が1番バッターで打率.400を記録、柳町、加藤などを抑えて東京六大学の首位打者を獲得した。中学、高校と打撃センスが高く評価されていたい選手で、1番セカンドとしての将来性を見たい。明治大は喜多真吾選手も打率.364、北本一樹選手も打率.333で、四球も奪える選手で実績的な選手がそろう。

また東洋大は、山田知輝選手が5本塁打を放った。186cm86kgの体があり、高校時からスラッガーとしての素質を評価されていた選手で、長打力が咲いた。しかし安打数は10本で打率は最終的に.244、打点も9とチームの中軸を任させる選手になるにはもう少し成長が欲しい。

東海大は千野啓二郎選手がセカンドでベストナインを獲得、東海大相模優勝メンバーで、バランスの良い期待の選手だけに次のステップにつながる活躍を見せたい。桐蔭横浜大の大神田丈選手は春に打率.395で3位ながらMVPを獲得、さらに4度目となる外野手としてのベストナインも獲得している。また、道上季生選手は18打点に打率.444でリーグ2位、どんな選手が注目したい。

愛知工業大は外野手の市川晃大選手が外野手のベストナインを獲得、鋭いスイングからヒットを量産できる選手。また山本航樹選手は2本塁打を放った185cm94kgの右のスラッガーで、打率も.333を記録した。愛工大は元ロッテでプロ野球で首位打者を獲得した平井光親監督の指導が光る。

立命館大は捕手の大本拓海選手が打率.302で捕手のベストナインに選出、守備でも打席でも落ち着きを見せる。大商大は笹治健汰選手、植田匡哉選手の外野陣は打撃の技術が高い。大阪体育大の出雲亮冴選手は春にMVPを獲得、セカンドまで1.9秒台の強肩が魅力で、肩の強さでプロにアピールできる。佛教大は捕手の坪倉斗真選手と吉村颯選手がベストナインを獲得しており、プレーに注目したい。

全日本大学野球選手権(2019)の注目選手一覧
2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
2019年度-大学生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP