大学代表候補合宿、伊藤大海投手が2回パーフェクト4K、慶大・木澤尚文投手が150キロ

伊藤大海, 慶応大, 苫小牧駒澤大, 木澤尚文

大学代表候補合宿は2日目、紅白戦が2試合行われた。来年のドラフト1位候補・伊藤大海投手が148キロの速球で2回を4奪三振、パーフェクトに抑える好投を見せた。

ドラフト1位候補

伊藤大海投手は昨年に2年生で代表入りし、そのストレートの威力を見せた。日米大学野球では先発した3回戦は2失点し敗戦投手となったものの、リリーフで登板した1回戦、2回戦は1回を無失点、そして第5回戦はリリーフで3イニングを投げると2安打4奪三振無失点に抑える好投を見せた。

この日は紅組の先発して登板すると、初回は全てストレートで押し、三者連続三振を奪う。そして2回は2者を内野ゴロに打ち取ると、最後のバッターからも三振を奪い、2回パーフェクト4奪三振の圧倒的なピッチングを見せた。

またこの日は紅組で慶応大の154キロ右腕・木澤尚文投手が5回に登板すると、最初制球を乱して2者連続四球のあと暴投で1失点をした。しかしアウト3つをすべて三振で奪うと、6回は五十幡亮汰選手にヒットを許したものの後続を抑えた。最速は150キロを記録した。2回2安打3奪三振1失点という内容だった。

大学生の速球派投手として、来年のドラフト注目投手となりそうな2人、球の質や制球では伊藤投手の方が上だが、来年春にそれぞれどんな姿を見せるのか想像もできない感じもする。合宿はこれで終わり、大学野球の活動もこれでオフとなる。来年は東海大・小郷賢人投手、山崎伊織投手、慶応大・佐藤宏樹投手、東北公益文科大・赤上優人投手、仙台大・宇田川優希投手、東洋大・村上頌樹投手、早稲田大・早川隆久投手など注目投手が目白押しで、春に大きく成長した姿を見たい。

侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2020年度-大学生投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP