五十幡亮汰選手がまた足を見せる、並木秀尊選手も3安打で食い下がる

五十幡亮汰, 小川龍成, 並木秀尊

中央大・五十幡亮汰選手が足を生かして3安打を記録すると、その足で負けない独協大・並木秀尊選手も負けじと3安打を記録した。

足の選手がアピール

中学時日本一の俊足、中央大・五十幡亮汰選手はこの日の第一試合の6回、154キロ右腕の木澤尚文投手からライト前にヒットを打つと、すかさず二盗を決めた。また第2試合の2回には、高いバウンドとなったセカンドゴロに俊足を飛ばして内野安打とし、続く奈良間大己選手の2ベースヒットでホームイン、また6回には昨日は決まらなかったセーフティバントを成功させると、盗塁を仕掛けたが奈良間選手がヒットを打ってそのまま3塁まで進み、次の併殺の間にホームを踏んだ。内野安打からの2塁、3塁へ進塁、そしてホームに還ってくる、まさに五十幡劇場を見せた。

この合宿では佐藤輝明選手などが参加したものの、ホームランは出なかった。その代わり、足の速い選手が大いに目立つ。前日の50mの計測で五十幡選手よりも速いタイムを出した独協大の並木選手は、この日は3本のヒットを打ち、打撃でもアピールをした。また、国学院大の小川龍成選手も内野安打から二盗を決めるなど目立った。

五十幡選手は俊足で異次元の野球を見せる。イチロー選手が野球を変えたように、五十幡選手も野球を変える選手になりそうな気がする。来年は大いに注目されるのは間違いなく、ドラフト1位指名でもおかしくない。またそれに負けじと、並木選手なども注目されることになりそうだ。

大学生もやはり、ホームランを打てる選手が高く評価されるが、来年に関しては異次元の足を持つ選手がその評価を上回ってくるかもしれない。

2020年度-大学生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP