立正大も強力な補強、丸山蓮選手は亜細亜大兄と対戦希望

立正大, 杉田智也, 中山航, 土屋大和, 丸山蓮

2020年度の野球部合格選手を発表した立正大、関東の都県で安定感NO.1の投手や名門の4番を打った選手が多く入学する。

立正大

東都リーグでは東洋大、国学院大が安定的に強さを見せる中で、強豪の亜細亜大、そして今年に力を上げてきた中央大、そして、駒澤大、立正大が1部で戦っている。立正大は昨年の明治神宮大会で日本一に輝くなど、時折快進撃を見せて日本一になる爆発力があるが、どちらかというと豪華な戦力の東洋大などに比べると、リーグ戦前の評価では下位に予想される事が多い。

その立正大が2020年度の野球部の合格者を発表したが、立正大らしい安定感ある投手と、強打の野手が集まり、その度合いは例年以上と感じる。

専大松戸の杉田智也投手は、千葉を代表する安定感のある投手として名前が挙がる。この春からは横山陸人投手(千葉ロッテドラフト4位)が急激に成長をしたためあまり目立たなかったが、2年秋の安定感では杉田投手の方が上、切れ味鋭いストレートで2桁三振もざらで、今年春はノーヒットノーランも達成した。

同じく茨城の安定感NO.1と言えば藤代の中山航投手だった。常総学院、霞ケ浦の強豪にも落ち着いて淡々と抑えていくピッチングを見せる。最速は144キロだが140キロ前後の低めの球が最もよい球だった。東京でも関東第一の土屋大和投手は、147キロ右腕の谷幸之助投手との2枚看板で安定感ある投球を見せていた。谷投手が国学院大に進み、土屋投手は立正大に進む事になる。

また野手では大阪偕星で主軸を打ち通算50本塁打を記録している辻野昂太選手の他、広陵で4番を打った中村楓大選手、鶴岡東で5番として甲子園で2打席連続弾を打った丸山蓮選手、日大三で4番を打った宇津木帝凱選手、東亜学園の4番・岩本翼選手など強打者がそろう。丸山選手は兄の丸山大選手が亜細亜大で来年4年生となる。投手としても136キロを投げる蓮選手は兄との対決を希望している。

大型ショートとして期待の桐光学園・楠本龍聖選手、痛烈な打撃を見せる常総学院の鈴木琉晟選手や龍谷大平安の三尾健太郎選手、抜群の俊足を見せる上田西の斎藤慶喜選手など、強打の選手に加え、内野手、俊足の外野手などバランスの良い補強となっている。

25人と大人数を推薦で獲得できる強さに、その中でも質の高い選手たちがそろい、立正大が少なくとも4年間は上位で安定しそうな戦力となる。そしてこの中から、伊藤裕季也選手や小郷裕哉選手のようにプロ入りする選手が出てきてほしい。

立正大のスポーツ推薦合格者(2020)選手の特徴


PAGE TOP