亜細亜大の矢野雅哉選手と150キロ超コンビの平内龍太投手、内間拓馬投手がプロ志望表明

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

亜細亜大は、遊撃手の矢野雅哉選手、152キロ右腕の平内龍太投手、150キロ右腕の内間拓馬投手が、それぞれプロ志望を明らかにした。

首位打者

矢野雅哉選手は育英高校出身で、投手としても147キロを記録したことがある強肩と、50m5.9秒の足がそろった身体能力抜群の遊撃手。今年秋の東都リーグで打率.415で首位打者に輝いた。また中大・五十幡亮汰投手の9盗塁に次ぐ6盗塁を記録している。

その矢野選手は「プロに行くために亜大に入学しました。でも、今のままではダメだと思いました」とプロ志望を口にしたものの課題も挙げ、「守備が売りだと思う。打撃は1番で出塁して勝利につなげるようにしたい」と、まずは守備からアピールをしていくとした。

生田監督も「今までの亜大は四球で打席数を稼いで首位打者を獲得することが多かったが、矢野は実力で打った結果で内容のあるタイトル。素晴らしく成長した1年でした」と高く評価した。矢野選手は主将としてもチームを引っ張る。今年について、「春4位で秋2位。それもやっと最下位にならずにすんだ感じだった。最後の4年で優勝できないと、1度も優勝できないで終ってしまう。」と話し、「何より、守備で貢献すること。個人的に秋は首位打者になれたけど、優勝できなかったので、打率は意識せずに、言葉でいうのではなく、主将としてプレーで引っ張っていきたい」と意気込みを語った。

また亜細亜大では最速152キロを投げる平内龍太投手、150キロ右腕の内間拓馬投手もプロ志望であることを明らかにした。平内投手は神戸国際大付時代から140キロ後半の速球が注目され、185cmからの威力あるストレートが注目される。また、内間拓馬投手も宜野座高校時代から140キロ中盤の速球が注目され、今年は3年生ながら侍ジャパン大学代表入りをしている。ただし、代表では他の投手との実力の差を見せつけられたところもあり、来年の飛躍が必要となる。

生田監督は「プロ1本で勝負させたい」と3選手は進路をプロ一本とし、退路を断って1年間戦う事を求める。プロ注目選手のひしめく東都リーグで、その存在感を大きくアピールし、秋にドラフト会議での指名を勝ち取ることができるか、注目したい。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
2020年度-大学生投手のドラフト候補リスト

来秋ドラフト候補、3年生の遊撃手・矢野と最速152キロの平内(へいない)、同150キロの内間の両右腕がプロ志望を明かした。

50メートル走5秒9、遠投125メートルで堅守には定評があった矢野は、左打者として今秋、41打数17安打、打率・415で初の首位打者になり、遊撃手としてプロのスカウトから注目される来春、7季ぶり26度目のリーグ優勝へ全力を尽すことを約束した。

来年のドラフト候補にも挙がっている。「プロに行くために亜大に入学しました。でも、今のままではダメだと思いました」と話す。得意の守備で1年からスタメンで出場するも、今春までは数字として結果が出ていなかった。この夏は徹底的に振り込みを続け打撃を強化。首位打者を獲得し「守備だけじゃない矢野」をアピールした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント