駒澤大、プロ注目の若林楽人選手が主将に就任、高い身体能力だけでなく成績でもアピールを

駒澤大, 若林楽人

駒澤大は、高い身体能力と強い精神力のある若林楽人選手が主将に就任し、最下位に沈んだチームの立て直しと、来年のドラフト会議での指名を目指す。

強い向上心

若林楽人選手は駒大苫小牧出身の外野手で、高校時代は遠投110mの強肩と50m6.0秒の足、そして高校通算18本塁打のパワーを兼ね備え、ドラフト候補として注目された。駒澤大に進むと50mは5.8秒を記録、また下級生時代から駒大OBなどにも積極的に打撃の事を聞きに行くなど強い向上心を見せていた。

しかし今年は1番センターで起用をされたものの、春は打率.192、秋も.195と低迷、構えから力の入ったような感じがあり、バットが遠く出るなどコンタクト技術に課題を見せる。個人的にはおススメ選手の一人だが、成績を見ると自信を持っておススメと言えなかった。

それでも起用をされ続け、そして新チームの主将に就いた。「弱い部分が明確になった1年。実戦を徹底して、自信をもって相手を倒したい。優勝に向かって全員で試合に挑みます。ダメなものはダメと言えるチームにしたい」と、主将としての意気込みを語った。

この日、大学は今年の練習納めとなったが、最後に行われたリレー走も常にトップと抜群の身体能力を見せた。「プロを目指せるよう春頑張って成績を残したい」とプロ入りに向けて、高い身体能力だけでなく、成績でもアピールすることを誓った。

打撃の無駄を落とす作業を行い、強いスイングは続けながらも、まずは足を生かすんだくらいの楽な気持ちで打席に入ってほしい。俊足&強肩の選手として中央大の五十幡亮汰選手などと共に注目される選手になってほしい。

2020年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
駒澤大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

この日最後に行われたリレー走も常にトップと抜群の潜在能力を見せ「プロを目指せるよう春頑張って成績を残したい」と意欲。


PAGE TOP