2020年の期待したい選手~その3:大学生投手~

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

2020年の期待をしたい選手を紹介して行きます。今日は大学生投手から。

2020年に期待したい大学生投手

赤上優人:東北公益文科大

赤上投手は昨年のJR東日本とのオープン戦でストレートは150キロを連発し、変化球ややや高めもストライクをしっかりと取っていた。なによりJR東日本打線がそのストレートにきりきり舞いし、高めの球にもバットが出て空振りをしていた。昨年春に佐々木朗希投手も見たが、赤上投手の真っすぐが一番速いと感じた。秋のリーグ戦では4勝1敗でチームを優勝に導き、MVPを獲得した。ただしドラフト候補として注目されていたエースの石森大誠投手が、ドラフト会議で指名漏れとなった場面も近くで見ていたと思われ、ドラフト会議の門の狭さも感じたと思う。春のリーグ戦でチームを優勝させ、全国の舞台でそのピッチングを見せれば、赤上投手を取り巻く雰囲気は一変すると思う。

中村亮太:東農大北海道

昨年の大学野球でインパクトを与える投球を見せたのが中村投手。185cmと大きいがフォームに躍動感があり、146キロの球はキレも十分だった。最速は151キロを投げており、体重が増してくればさらに迫力のある球を投げられるだろう。今年一番伸びる投手かもしれない。

北村朋也:国際武道大

北村投手は東海大相模時代から注目された本格派右腕で、182cm82kgから148キロの速球を投げる。ただし、昨年は秋のリーグ戦でもリリーフで3番手くらいで3試合に登板するくらいにとどまっている。本来の力を発揮できればそんなことはないと思うのだが。春に状態を確認したい投手。

関根智輝:慶応大

1年生の春に2勝を挙げるとその年の秋には3勝0敗のピッチングでリーグ制覇の立役者となった投手。183cmの体があり、最速は145キロも腕のしなりがあり回転の良い球を投げる。度胸も十分の投手。2年春のリーグ戦を最後に公式戦の投球が見られなくなっているが、練習などで姿を見ると、常に目で追ってしまうような気になる投手。

今西拓弥:早稲田大

早稲田大には早川隆久投手という左の大黒柱の候補がいるが、200m90kgの体から147キロの速球を投げる規格外の左腕の今西投手に注目しているスカウトも多いと思う。ただスケールだけでなく、2年秋に3勝1敗、昨年春は2勝0敗、防御率0.77という素晴らしい成績も残しており、実戦的な投手でもある。

根岸涼:桜美林大

今年、最も驚かされる投手になるのではないかと思うのが根岸投手。177cmでまだ線が細いものの、昨年秋の首都大学リーグ戦では2部で戦ったが最速153キロを記録し、常時150キロ前後の圧巻のピッチングを見せている。入れ替え戦で1部に昇格し、東海大の山崎投手や日体大の森投手などと互角以上の球速を見せそうで、一気に話題となるだろう。

小川隼平:青山学院大

東都リーグ2部にも150キロを記録する投手は数多くいる。その中で小川投手はサイドスローから楽なフォームで投げ、最速も151キロを記録した。その成長をしっかりと見て行きたい投手。

福島雄大:九州共立大

190cm91kgの右腕で最速は佐賀東高校時代に148キロを記録し、高校時代にはプロのスカウトが足を運んで注目していた。しかし実績が不足しており、大学でもまだ活躍の話は聞こえてこない。頭角を現してほしい。

大曲錬:福岡大・準硬式

178cm67kgでまだ線が細いが、球速は準硬式で153キロを記録し、硬式を含めて九州の大学生で最速という呼び声もある。この選手を紹介していただいたゲストさんの説明が素晴らしく、最速138キロだった高校時代に、140キロ後半を投げる可能性があり、高卒でプロに行くべきだと分析されている。その慧眼に恐れ入る。

2020年度-大学生投手のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント