亜細亜大1年・天井一輝選手が活躍、東都のセンター争いに集え

亜細亜大, 五十幡亮汰, 松本渉, 天井一輝

亜細亜大は熊本ゴールデンラークスと練習試合を行い、1年生で唯一スタメンとなった広島商出身の天井一輝選手が足で活躍を見せた。

まずは足で

天井一輝選手は広島商出身の178cm78kgの外野手で、阪神にドラフト1位指名された西純矢投手(創志学園)からもホームランを放つなど、パンチ力のある1番バッターとして注目された。

亜細亜大に入学し、この日は1年生ながら7番センターでスタメン出場をすると、7回にはサードへの内野安打の後にすかさず盗塁を決め、また6回には頭上を越えそうな打球を快足を飛ばして好捕した。50m6.0秒の足を見せた。

まずは木製バット、そして高校生とはけた違いに感じられる大学野球のスピードに慣れるため、打席を、試合を経験して行きたい。その中で足という武器があるのは、足の速い選手を好む生田監督の亜細亜大では、非常に良い武器となる。

昨年は東洋大の松本渉選手が1年生ながらオープン戦で素晴らしい足と打撃を見せ、リーグ戦開幕戦でセンターでスタメン出場をした。春は新人賞を獲得すると、秋はベストナインに選ばれている。天井選手もその道を進みたい。

東都リーグは松本選手の他、中央大の五十幡亮汰といった怪物級の足を持つセンターがいる。神宮球場で広い守備範囲を見せるセンターを比較してみるのも面白い。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

「7番・中堅」で1年生唯一の先発出場を果たした広島商出身の天井(あまい)が、50メートル6秒0の俊足を披露。7回に三塁内野安打と二盗、6回の守備では頭上を越えそうな打球を好捕した。


PAGE TOP