拓殖大の147キロ右腕・多田裕作投手に3球団視察、DeNA「投球が確立できてる」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

拓殖大は東海大とオープン戦を行い、147キロ右腕でプロ注目の多田裕作投手が6回1失点の好投を見せた。この試合には3球団のスカウトが視察に訪れている。

147キロ記録

多田裕作投手は日体大柏出身の右腕で、高校時代は最速138キロの投手だったが、大学で体重を84kgまで増やすと、球速も147キロまで伸ばしている。

この日は首都リーグ王者の東海大とのオープン戦に先発したが、最速は147キロを記録し、ツーシームも有効に使って6回を1失点に抑えた。「調子はあまり良くなかったが、その中ではしっかり投げられた」と話した。

この日はプロ3球団が視察し、横浜DeNAの河原スカウティングディレクターは「右打者への内角の使い方がうまい」と話し、「あのコースへ投げられる投手は少ないし、投球が確立できている」と制球と実践的なピッチングを高く評価した。

拓大は昨年秋に2部リーグ優勝をしたものの、入れ替え戦では駒澤大に敗れて1部昇格ができなかった。しかし多田投手は1戦目に先発し9回を3失点完投し、2戦目は7回途中からリリーフで登板し無失点に抑える好投を見せていた。「秋は悔しい思いをしたので、今年こそは1部に行きたい」と悔しい思いを武器としてこの春の成長を見せる。

馬淵監督は「昨年の悔しさをもってやってきている。まだまだこれからだが、経験値は十分にある」と話す。この時期で最速タイの147キロを記録しており、リーグ戦では150キロも期待できる。ドラフト候補として注目される投手となるだろう。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

直球の平均速度アップを目指し、体重を4キロ増の84キロにすると最速は147キロまで伸びた。この日も最速タイをマーク。ツーシームも効果的に決まった。3球団のスカウトが視察しDeNAの河原隆一スカウティングディレクターは「右打者への内角の使い方がうまい。あのコースへ投げられる投手は少ないし、投球が確立できている」と高く評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント