阪神、立命館大の榮枝裕貴捕手に「ずっとマークしています、上位候補になる」

立命館大, 榮枝裕貴

阪神は立命館大の強肩強打の捕手・榮枝裕貴選手をマークしていることが分かった。この日の龍谷大とのオープン戦でも3人態勢で視察をした。

上位候補になる

この日の立命館大vs龍谷大のオープン戦には阪神が佐野スカウト、永吉編成ディレクター、熊野スカウトの3人態勢で視察した。お目当ての榮枝裕貴選手は4回1アウトの場面でレフトにホームランを放ち強打を見せた。「1打席目はスライダーで攻められて凡退した。初球はスライダーで取りに来ると思って張っていた」と話し、捕手らしい正確な配球の読みを見せた。

榮枝選手は高知高校出身の180cm81kgの捕手で、セカンドまで1.8秒の肩を持つ強肩捕手として、立命館大出身の古田敦也2世と注目されている。この日はホームランの後は2四球と相手もまともに勝負できないような打撃があり、強肩強打の選手としてプロが注目している。

この日は北海道日本ハムと阪神が視察をしたが、阪神は3人態勢で視察した。熊野スカウトは「体があって肩が強いし打撃もいい。最近ではなかなかいない大型捕手。ずっとマークしています。上位候補の見方をしていますよ」と話し、これまでもマークを続けており、ドラフト上位候補として注目している。阪神は強打の梅野捕手がいるが、「3年後に出てくる選手を探しておかないと」とポスト梅野が今年の補強ポイントとなる。

立命館大は昨年まで大本拓海選手(ヤマハ)がマスクをかぶっていたが、今年は榮枝捕手がマスクをかぶる。まだ実戦は少なく「プロ志望で固まってはいない。この春のリーグでやっと、どうにかマスクをかぶれそうなところですから」と話すが、この春にアピールできるような活躍をみせれば、プロ志望、そして阪神などが3位までに指名をしてくる選手になるかもしれない。

2020年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
2020年度捕手のドラフト候補リスト
立命館大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

“ポスト梅野”の逸材だ。四回1死、初球のスライダーをとらえた栄枝の打球は、アッという間に左翼フェンスを越えた。佐野スカウト、永吉編成ディレクターとネット裏で見守った阪神・熊野スカウトが絶賛した。

 「肩が強くて打てる大型捕手はそういない。ずっとマークしています。上位候補の見方をしていますよ」。阪神には梅野がいるが「3年後に出てくる選手を、探しておかないと」と続けた。


PAGE TOP