独協大・並木秀尊選手が4打数4安打の活躍

獨協大, 並木秀尊

独協大はオールフロンティアとオープン戦を行い、プロ注目の俊足・並木秀尊選手が4打数4安打の活躍を見せた。

スタメン復帰

昨秋の侍ジャパン大学代表候補合宿で、約50mの距離で5秒32を記録し、中大の五十幡亮汰選手よりも速い足を見せた並木秀尊選手が、4打数4安打1打点、1盗塁と3得点を記録する活躍を見せた。センターオーバーの勝ち越し2ベースヒットも記録した。

打撃が課題でオープン戦では打撃にやや苦しんでいたものの、この日は1番センターでスタメンに復帰して結果を残した。「タイミングが取れなかったけど、最初に変化球を振り切れヒットにできて、少しはよくなったかなと思う。」と話した。

並木選手は本格的に注目されるのこの春からとなる。「春は将来を決めるシーズンになると思うので、妥協せずに練習の過程からしっかり見てやっていきたい」と話し、プロ入りなど将来がかかる春のシーズンへの意気込みを示した。

今年は五十幡選手という足で注目される選手がおり、その五十幡選手は中学時代に日本一になった本物の足を持つ選手で、並木選手にとっては目標となり、スカウトにとっても目安となる。その五十幡選手よりも速いタイムを記録し続ける事でプロ入りが近くなる、非常に恵まれた年となった。

春のリーグ戦ではプロでも打撃で可能性があることをアピールし、大学代表候補合宿などで五十幡選手と足で競争したい。

獨協大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
オールフロンティアのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

プロ注目の独協大・並木秀尊(ひでたか)外野手(新4年)は1番・中堅でスタメン復帰し、中越え勝ち越し二塁打を含む4打数4安打1打点3得点1盗塁と活躍した。170センチ、70キロの右投げ右打ちの外野手。昨秋の大学日本代表選考合宿で、1歩目を踏み出しての50メートル走で手動計測5秒32のトップタイムで俊足を披露した。今春はオープン戦で快打が影を潜める日があったが、この日は、右投げ、左投げ、右投げと投手が変わっても対応して結果を出した。


PAGE TOP