慶大の左腕・長谷部銀次投手は2回1安打無失点、中日スカウト評価

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

仙台大とのオープン戦で慶応大は、最速149キロ左腕の長谷部銀次投手が8回から登板すると、8回は140キロ後半を連発した。

183cm左腕

長谷部銀次投手は中京大中京出身で、高校時代は東邦の藤嶋投手と並んで注目される左腕投手だったが、高校時代から腰椎分離症で腰痛に悩まされており、慶応大ではリーグ戦の登板は2年生の春に1試合だけだった。しかし今年春は日体大とのオープン戦で148キロを記録し2回5奪三振パーフェクトの投球を見せ、スカウトから高い評価を受けていた。

この日は2-1の8回からマウンドに登ると、8回はマウンド上でオリャと雄たけびを挙げながら147キロの速球を投げる。高めに上ずったり、たたきつけたりという球も多かったが常に146キロ、147キロを記録し続けこの回1安打無失点に抑えると、9回はストレートは140キロ前半に落とし、変化球を織り交ぜた。

その変化球が抜群に良かった。スライダーのキレ味も鋭く、フォークボールはもう少し精度は必要だがシュート気味に大きく沈む球もあり、9回のピッチングが本当の長谷部投手の投球かもしれない。いずれにしても真っすぐの強さと抜群のキレ味を見せる変化球で、この日視察に来ていた巨人、横浜DeNA、東北楽天、福岡ソフトバンク、北海道日本ハム、中日など7球団のスカウトにアピールした。

中日の八木スカウトは「強い球を投げる。ポテンシャルが高い。高めに浮いた球もあったが、落ちる系の決め球もいい」と評価した。

慶応大は151キロで抜群に質の良い球球を投げる左腕の佐藤宏樹投手、最速154キロを記録する木澤尚文投手に、この日先発して好投した関根智輝投手、そして下級生でも既にリーグ戦で実績を残している森田晃介投手や増居翔太投手もいる。先発2枚に関根君、佐藤君を起用し、後に木澤君、そして長谷部君を起用するような形になるかと思うが、プロクラスの投手がそろう投手陣を堀井監督がどのように起用するのかも注目される。

佐藤、木澤、関根、長谷部の4人はプロ志望を明らかにしているが、長谷部投手は「1年前は課題を持つ事も出来なかった。進路はプロを第一に考えている。チームを勝たせるピッチングを続ける事が評価されたらいい」とコメントをした。リーグ戦では147キロの球は封印されるかもしれないが、それが投げられる事をこの春のオープン戦でスカウトに印象付けた。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

杉田玄白の末裔、最速149キロ左腕 慶大・長谷部アピール投球 2020/3/22

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント