慶応大・木澤尚文投手がいきなり154キロ

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

慶応大は6月8日にチーム練習を再開したが、ブルペン入りしたドラフト候補の木澤尚文投手は、いきなり154キロを記録した。

スポンサーリンク

80球目に

木澤尚文投手は、チーム練習自粛期間中も、傾斜を使った投球練習を続け「体重を乗せやすくなった」と骨盤を立たせるフォームをしっかりと固めた。「球数を投げても球速が落ちない、投げる体力はついてきた。」と話した。

その言葉通り、この日は88球の投球練習をおこなったが、その80球目にこの日最速の154キロを記録した。「2カ月が終わった時に成長できていれば。その点ですごくいい2か月になった」と、充実したトレーニングの結果を見せ始めた。

東京六大学は8月中旬にも今年春のリーグ戦を行う予定だが、1回戦総当たりとなる見通し。試合数はかなり少なくなる。慶応大は木澤投手の他、佐藤宏樹投手、関根智輝投手、長谷部銀次投手といった今年のドラフト候補に、力のある下級生もおり、投手の争いは厳しい。

ただし、総当たりは短期間に行われる見込みで、通常ならば先発は1戦目、2戦目で考えれば良かったが、先発ローテーション3枚くらいを考えておかなければならないかもしれず、そうなると投手陣の層の厚い慶応大が有利となるかもしれず、堀井監督も「短期決戦は心技体、総合力と組織力が問われる。鍵は3、4枚の投手力になると思う」と話す。

「球速は出るに越したことはないが、試合が大事。レベルアップして行きたい」と木澤投手は語った。春季リーグ戦での投球が注目される。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋ドラフト上位候補の木沢尚文投手(4年)は2カ月ぶりにブルペン入りし、自己最速へあと1キロに迫る154キロを計測した。臀部(でんぶ)を意識し、骨盤を立てる新フォームで88球。「実戦に入れる状態ではあります。以前は球数が増えると(球速が)落ちたけど、投げる体力が少しずつついてきた」との言葉通り、154キロは80球目にマークした。

今秋ドラフト候補の慶大・木沢 2カ月自粛影響なし154キロ!/デイリースポーツ online
 東京六大学野球リーグの慶大が8日、横浜市内の同大学グラウンドで活動を再開した。今秋ドラフト上位候補の木沢尚文投手(4年・慶応)は早速ブルペン入り。88球を投げてMAXにあと1キロに迫る154キロを計測するなど、約2カ月の自粛期間の影響を感じさせない投球を披露した。 腕を振ると、自然と声が出る。力感がこもった証拠だ。こ...
【六大学】慶大、8月中旬開幕へ「動きはつらつ」…3・27以来のチーム練習
 東京六大学リーグの慶大は8日、神奈川・横浜市の自校グラウンドで3月27日以来となるチーム練習を行った。自主練習しかできない日々が続いたが、選手は“ブランク”を感じさせないプレーを見せた。
ドラフト候補の慶大・木沢ブルペンで最速154キロ - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト上位候補の慶大・木沢尚文投手(4年=慶応)が8日、ブルペンで88球を投げた。新型コロナウイルス感染拡大のため、慶大は3月末から活動休止。この日、横… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント