東北公益文科大の153キロ右腕・赤上優人投手に日本ハムなど6球団視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

南東北大学野球リーグが開幕し、東北公益文科大の153キロ右腕・赤上優人投手の登板に6球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

右手中指にマメ

赤上優人投手は最速153キロの速球を投げ、昨年のリーグ戦制覇に大きく貢献をした。今年の春先には社会人とのオープン戦で150キロを連発し、多くのスカウトが視察をしていた。

この日の開幕戦・山形大戦に先発をした赤上投手だったが、右手中指にマメが出来た影響もあり、5回までに5失点と本来の投球ではなかった。しかし、7イニングを投げて8つの三振を奪い、その力を見せた。

赤上投手はストレートだけでなく、スライダーなどの変化球もしっかりとコントロールすることができる。「直球だけでなく、最近は変化球で三振を奪うことが楽しくなってきた」と話し、変化球での三振にもこだわりを見せる。

この日は北海道日本ハムなど6球団のスカウトが視察をしたが、主なコメントは無し。試合は7-5で勝利し、「去年の秋はリーグ優勝したけれど、全国にいけなかったのでリベンジしたい」と話した。次戦以降の投球に期待をしたい。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-南東北大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

日本ハムなどプロ6球団が視察する中、赤上は山形大相手に右手中指のマメの影響で5回に5失点(自責4)も7回8三振を奪った。8月上旬からコロナ禍の自粛で、全体練習を28日に再開したばかり。「室内でキャッチボールはしていたが、暑さに慣れることが必要。去年の秋はリーグ優勝したけれど、全国にいけなかったのでリベンジしたい」と調子を上げていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント