東海大海洋学部の加藤廉内野手に6球団注目し、千葉ロッテが視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

6球団が注目する東海大海洋学部の加藤廉選手に、千葉ロッテが視察をした。

スポンサーリンク

2ランホームラン

加藤廉選手は50m5.9秒の足のある内野手で、確実性の高い打撃も評価され、すでに6球団のスカウトが視察に訪れている。

この日の聖隷クリストファー大との試合には、千葉ロッテのスカウトが視察をしたが、1回に今季1号(通算4号)の先制2ランホームランを放つと、センター前ヒットなど3打数2安打を記録した。加藤選手はリーグ戦4試合で打率6割を超え、4連勝に大きく貢献している。

プロが注目しており、加藤選手も「卒業後は社会人で野球を続けるつもりでしたが、今年の春前にプロのスカウトが見に来て、意識するようになりました」と話した。9月10日にプロ志望を提出する予定で、「育成でも、どんな形でもいいからプロへいきたいです」と話した。

俊足で高い打率を残せる加藤選手の指名があるか注目される。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-東海地区大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

10日にプロ志望届を提出する意向だ。これまでにプロ6球団の視察を受け、この日はロッテスカウトの前で結果を残した。「育成でも、どんな形でもいいからプロへいきたいです」と希望を口にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント