日本ハムスカウト会議、苫小牧駒大・伊藤大海投手など約100人に絞り込み

2020年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース スカウト会議

北海道日本ハムは都内でスカウト会議を開き、今年のドラフト候補を約100人まで絞り込んだ。

次回10月中旬の会議で1位指名を絞り込む

スカウト会議には栗山監督、吉村GMも出席して行われ、高校生と大学・社会人がそれぞれ約50人ずつの合計約100人まで絞り込んだ。スカウト会議の情報については「具体名については回答しません」と話した。

北海道日本ハムの指名候補には、9月5日に吉村GMが視察をした苫小牧駒大の156キロ右腕・伊藤大海投手が上位候補に挙がっているとみられる。他にも地元からは苫小牧中央・根本悠楓投手も注目をされており、指名があるか注目される。

ただし現時点では、大学、社会人野球の選手で、無観客のオープン戦や練習試合などを視察しているものの、今年になってまだ公式戦をしていない選手も多く、次回、10月中旬に行う予定のスカウト会議では、大学・社会人選手の絞り込み、そしてドラフト1位指名選手の決定など、忙しいスカウト会議となりそうだ。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想
北海道日本ハムファイターズ公式ページ 北海道日本ハムファイターズ掲示板 北海道日本ハムファイターズの過去のドラフト 北海道日本ハムファイターズ/ドラフト最新記事 以前のニュー...

球団側は「具体名については回答しません」としたが、割合は高校生と大学・社会人選手で約50人ずつ。5日に吉村GMも試合を視察した最速156キロを誇る苫小牧駒大・伊藤らが上位候補に挙がっているとみられる。次回は10月中旬に開催する予定で、そこで1位候補の絞り込みを行う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント