九産大、2年生の荒木雅玖投手が3回5奪三振、谷口優成投手・小江光樹投手の3投手でノーヒットノーランリレー

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

九州産業大は、2年生の荒木雅玖投手と、小江光樹投手、そして4年生の谷口優成投手の3人でノーヒットノーランリレーを見せた。

スポンサーリンク

148キロ右腕

開幕の九州工業大戦に先発したのは、2年生の荒木雅玖投手だった。海星高時代に最速148キロを記録している速球派で、昨年は1年生で春に1イニング、秋に1イニングを投げている。しかし、大学野球選手権や明治神宮大会ではベンチから外れ、「来年は開幕投手になってやる」と目標を立てていた。

その期待に応えた。開幕試合に先発すると、初回は三者三振、2回も2三振を奪う。3回は三振はなかったものの三者凡退に抑え、3回をパーフェクト5奪三振と圧巻の内容だった。

試合は3回に味方が6点を奪った。そこで4回に投手が交代し、4年生の191cm右腕・谷口優成投手が登板する。後ろに大きく体をそらせるフォームで、登板すると注目をされるが、この日は1回を三者三振に斬って取った。「投球はまずまずだが、指の掛かりがいまひとつ」と話した。

そして5回には荒木投手と同じ2年生で、高校時代に147キロを記録して注目された小江光樹投手が登板し、1回をノーヒットに抑えた。荒木投手と同じく2年後のドラフトが注目される。

九州産業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-福岡六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント