奈良学園大の147キロ右腕・大畑理暉投手がノーヒットノーラン、卒業後は社会人入り

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

近畿学生リーグでは、奈良学園大の147キロ右腕・大畑理暉投手が、神戸大を相手にノーヒットノーランを達成した。

スポンサーリンク

プロ志望届を出さずに

大畑理暉投手は183cmから最速147キロを記録する右腕として、プロのスカウトも注目をしていた。大畑投手も春まではプロ志望だったが、新型コロナウイルスの影響により試合ができない日が続く中で「今、行っても通用しない。厳しい社会人に行ってそこから行けたらいい」と話し、プロ志望届を提出せず、社会人に進むことを決めている。

この日、試合は大畑投手がノーヒットノーランのまま8回まで0-0が続いたが、9回表に味方が1点を奪うと、その裏に大畑投手が三者三振に斬り、ノーヒットノーランを達成した。9奪三振、5四球だった。

社会人に進むが、2年後にはドラフト1位候補となっているかもしれない。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-近畿学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

奈良学園大の大畑理暉(りき、4年)が、神戸大戦でリーグ史上16度目(ほかに2投手継投の達成が1度)の無安打無得点を達成した。9奪三振5四球117球で1―0の勝利に貢献し、対戦成績を1勝1敗とした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント