近大・佐藤輝明選手にはソフトバンク・オリックス・日本ハム・楽天・DeNAがすでに面談、巨人は近日中に

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

この日、阪神と面談をした近畿大・佐藤輝明選手は、すでに、福岡ソフトバンク、オリックス、北海道日本ハム、東北楽天、横浜DeNAの5球団と面談をしていたことが分かった。

スポンサーリンク

6球団と面談

12球団OKの姿勢を見せる佐藤輝明選手には、この日の阪神との面談で6球団目となった。

一連の面談は、球団首脳クラスが佐藤選手をどのように評価し、どのくらいで指名する予定かなどを伝えるものではなく、調査書を直接持参しての佐藤選手へのヒアリングという形となっているようで、各球団とも担当のスカウトが、15分から30分程度の面談を行っているようだ。

これから各球団ともスカウト会議を行い、佐藤選手を1位指名候補にした場合には、改めて今度は首脳クラスが訪問に訪れる所もあるかもしれない。

ただし、近日中に巨人が面談に訪れる。巨人は既に1位指名を佐藤選手に絞り込んでいる可能性も高く、首脳クラスが訪れての面談をして、それが報道されて他球団を引かせるような事をするかもしれない。

先週には福岡ソフトバンクの城島特別アドバイザーも、福岡から練習の視察に訪れていたという。ソフトバンクも、昨年は石川昂弥選手、一昨年は清宮幸太郎選手、安田尚憲選手といったスラッガーの指名をしたが抽選で外して獲得ができていない。ポスト松田選手として、サードを守れる主砲の獲得は至上命題で、佐藤選手は欲しい選手だろう。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

全球団が1位候補にリストアップする逸材。プロの大学への佐藤詣ではソフトバンク、オリックス、日本ハム、楽天、DeNAに続き6球団目。西宮市生まれの佐藤は、阪神の印象について「なじみがある」と語った。

ドラフト1位候補に挙げる巨人も近日中に面談予定となっている。先週にはソフトバンク・城島健司球団会長付特別アドバイザーも福岡から練習の視察に出向いていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント