近大・佐藤輝明選手最終戦に巨人、ソフトバンク、DeNA、日本ハム、オリックス、阪神が視察、阪神は9人体勢

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

近畿大の佐藤輝明選手の大学リーグ最終戦に、巨人、福岡ソフトバンク、横浜DeNA、北海道日本ハム、オリックス、阪神の6球団が視察し、阪神は9人体勢で視察した。

スポンサーリンク

14号で打ち止め

佐藤輝明選手はこの日、4回2アウト1,3塁の場面で打席に立つと、ライト前に痛烈に運ぶタイムリーヒットを打つなど3打数1安打1打点で最終戦を終えた。ホームランは出ず、リーグ新記録は14本塁打で確定した。今季は10試合のみで行われたが、佐藤選手は打率.257、3本塁打、11打点という成績だった。

この日は6球団のスカウトが視察し評価をしている。

福岡ソフトバンク・宮田アマスカウトチーフ補佐「打撃では腕の使い方が柔らかくなって、昨秋、春先よりよくなっている」

巨人・渡辺スカウト「春のリーグがないのに本塁打記録を塗り替えたのはすごい。打球が上がれば入るあの長打力ですよね」

オリックス・下山スカウト「強いスイングで足も速く、守備も横にも前にも動けて、肩も強い。改めて野手のトップは間違いないですよ」

また阪神は和田豊TA、竹内球団本部企画統括、畑山アマスカウト統括、佐野スカウト顧問、熊野スカウト、山本スカウト、田中スカウト、筒井スカウト、渡辺スカウトと、フロント2人と、顧問・統括も含めたスカウト部門10人中7人でクロスチェックを行うなど、全国大会クラスの体勢で視察をした。福岡ソフトバンクが2人態勢で、その他の4球団は1人での視察をする中で、異例の人数での視察となった。

これだけ全国のスカウトが集まっているという事は、おそらく明日にもスカウト会議が行われるとみられ、この日のチェックも含めて1位指名候補がまとめられる。阪神はドラフト前日のスカウト会議で監督が最終的に1位指名を決める事になっており、1位指名の公表はないと思うが、毎年恒例となっている球団側が1位指名の候補を電鉄本社側に報告する行事は行われそうだ。

阪神タイガースのドラフト指名予想
阪神タイガース公式ページ 阪神タイガース関連のドラフト掲示板 阪神タイガースの過去のドラフト指名一覧 阪神タイガース/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...

注目度の高さは疑いようのないものだ。この日、阪神以外には巨人、DeNA、ソフトバンク、日本ハム、そしてすでに佐藤の1位指名を公表したオリックスと計6球団が集結した。その中で、ソフトバンクは2人態勢でその他4球団は1人での視察。阪神は9月5日の近大の開幕戦を6人態勢で視察していたが、それを上回る形で最終戦を締めくくった。

巨人・渡辺スカウト「春のリーグがないのに本塁打記録を塗り替えたのはすごい。打球が上がれば(スタンドに)入るあの長打力ですよね」

1位指名を公表するオリックス・下山スカウト「強いスイングで足も速く、守備も横にも前にも動けて、肩も強い。改めて野手のトップは間違いないですよ」

スタンドには、すでに1位指名を公表しているオリックスの下山スカウトや巨人、ソフトバンク、DeNA、日本ハムなど6球団が視察。地元のスラッガーを高評価する阪神は、今秋最多の9人態勢でドラフト会議前最後の試合をクロスチェックした。密を避けることもあり、和田TA、畑山俊二アマスカウト統括らはやや三塁側後方から、担当の渡辺亮アマスカウトらはネット裏から佐藤を見守った。争奪戦がますますヒートアップしそうな勢いだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 今年もパリーグのくじ運が良いでしょう

  2. 絶対巨人佐藤輝
    くじ引き当てる