天理大・森浦大輔投手、「何位でも育成でもプロ」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

天理大がこの日、リーグ最終戦を終え、即戦力左腕・森浦大輔投手はドラフト会議を待つのみとなった。

スポンサーリンク

何位でも育成でも

森浦大輔投手は最速148キロの速球に、ストライクゾーンを幅広く使える左右への変化球があり、決め球のチェンジアップは「上でも武器にできる」と話す。大学1年時の大学野球選手権で、大商大戦で9回4安打16奪三振1失点の圧巻のピッチングを見せ、この秋も4勝を挙げてリーグ通算21勝をしている。

この日は、リーグ最終戦が行われ、森浦投手の登板はなかったが、大産大を6-2で下して勝利し、2位でリーグ戦を終えた。1年生から4年間活躍を見せ続けた森浦投手は「何位でも育成でもいい。プロに行きたい」と話した。

今年は左腕投手が少ない中で、早稲田大・早川隆久投手、法政大・鈴木昭汰投手が1位候補に挙がる。森浦投手も球速を伸ばそうとすれば4年間で150キロ到達もできたと思うが、それよりも4年間、勝てる投手を追求してきたような感じがあり、プロ入り後は球速も伸ばして150キロは到達するのではないかと思う。

ドラフト会議では2位での指名が予想され、2位で各球団の駆け引きがあるかもしれない。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

最速148キロの直球だけでなく、全球種を勝負球にできるのが最大の魅力だ。中でも、チェンジアップは「上でも武器にできる」と自信を持っている。

 「何位でも育成でもいい。プロに行きたい」と意気込んだ左腕。大きな期待と少しの不安を抱えて、運命の日を待つ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント