慶応大が練習納め、来年は正木智也選手、福井章吾捕手、森田晃介投手などドラフト候補

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

慶応大はこの日、練習納めを行った。今秋は優勝まであと1勝としながら、早慶戦で終盤に逆転2ランホームランを浴び、優勝を逃した。新主将の福井章吾選手は、「4年生には本当に申し訳ありませんが、負けから学べることは多い」と話した。

スポンサーリンク

ドラフト候補

福井章吾主将は大阪桐蔭時代に主将としてセンバツで優勝をしている。主将に就任し、「来年も日本一いいチームになって、勝てれば」とにこの秋のリベンジを誓った。

慶応大は2019年のドラフト会議では津留崎大成投手(楽天3位)、郡司裕也捕手(中日4位)、柳町達外野手(福岡ソフトバンク5位)、植田将太捕手(千葉ロッテ育成2位) の4人が一気に指名され、今年も木澤尚文投手(東京ヤクルト1位)、佐藤宏樹投手(福岡ソフトバンク育成1位)と2人が指名されている。

来年も正木智也外野手が、これまでリーグ通算6本塁打を放つスラッガーとして注目され、森田晃介投手も1年時から活躍して148キロの速球を投げる実戦派投手として、そして福井捕手もリーダーシップと強い肩で注目される。

正木選手は副将としてチームを支える他、4番バッターとしても「打点10以上、年間8本塁打以上、打率4割」を目標に掲げた。このオフには2万スイングをノルマと課し、「あこがれは坂本勇人さん。内角をさばける右打者になりたい」と成長を誓った。

リーグ戦の優勝、そしてドラフト会議での指名で伝統をつないで行けるか、注目したい。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

副将として福井をアシストする正木智也外野手(3年)も思いは同じだ。4番として来春は「打点10以上、年間8本塁打以上、打率4割」を目標に掲げ、オフ期間に2万スイングをノルマと課した。「あこがれは坂本勇人さん(巨人)。内角をさばける右打者になりたい」と目を輝かせた。

慶大全体練習終了/東京六大学
 東京六大学野球の慶大は13日、横浜市のグラウンドで今年の全体練習を終えた。テスト期間も含め、来年2月初旬の全体練習再開までは自主練習期間となる。
慶大・福井 大学ラストイヤーへ後輩に指導「すごい勉強になる時間」/デイリースポーツ online
 東京六大学野球リーグの慶大が13日、横浜市内の同大学グラウンドで年内の活動を終えた。3年春のセンバツで優勝した高校時代に続いて主将に就任した福井章吾捕手(3年・大阪桐蔭)は後輩に捕球技術などを指導。「僕自身もアウトプットするということはすごい勉強になる時間なので」と、新チーム始動後は積極的に声を掛けている。 自身も2...
【東京六大学】慶大が年内の練習を終了 新主将・福井章吾「全員が輪になるチームに」
 慶大は13日、神奈川・横浜市の同校グラウンドで年内最後の練習を行った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント