中央大・古賀悠斗捕手が攻守でチームの勝利に貢献

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東都リーグは中央大vs立正大の試合で、プロ注目の中大・古賀悠斗捕手が攻守に活躍し、チームを勝利に導いた。

スポンサーリンク

4投手を好リード

古賀悠斗選手はこの日、打っては1回にセンター前への先制打で勝負強さを見せると、守備では4投手をリードし、立正大を2点に抑えた。

チームはこの日全体で3安打、清水監督も「負け試合だった」と話す内容だったが、「主将の1本が良かった」と話した。古賀選手も「主将としてチームを勢いづけたかった。経験のある自分が引っ張っていかないと」と話す。

チームを勝たせることができる捕手として評価は高いが、更に打撃がプロでも期待できそうなところを見たい。2試合で7打数2安打1打点、更に打撃での活躍を期待したい。

2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント