駒澤大・鵜飼航丞選手が2安打、阪神スカウト「力で持っていった」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

今年のドラフト候補として注目される駒澤大の鵜飼航丞選手がこの日、2安打1打点の活躍を見せた。阪神のスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

初回に先制タイムリー

鵜飼航丞選手はこの日、初回2アウト3塁の場面で打席に入ると、「詰まっていたので捕られるかなと思ったんですけど、抜けてくれてよかった」と、詰まりながらもレフトの頭を超えるタイムリー2ベースヒットを打った。

鵜飼選手は昨年秋のリーグ戦で3本塁打を記録、4番として勝負強さを見せており、今年のドラフト候補として注目される。この日も視察した阪神の吉野スカウトは「力で持っていった」と話し、打撃の力を評価した。

打点の多い選手でチャンスでの強さが際立つ。昨年、目の前で見ていた中央大の牧秀悟選手や、駒大の先輩の若林楽人選手がすでにプロの1軍で活躍を見せており、鵜飼選手もそれに続いてゆきたい。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察した阪神・吉野スカウトは「力で持っていった」と評価した。貴重な右の大砲としてアピールを続けていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント