福岡大の左右のスラッガー・井上絢登選手と永江大樹選手に注目

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

九州六大学リーグが今日開幕する。福岡大は左のスラッガー・井上絢登選手と右のスラッガー・永江大樹選手がプロに注目される。

スポンサーリンク

急成長の永江

井上絢登選手は久留米商出身で、甲子園こそ出場はなかったが福岡屈指のスラッガーとして注目されていた。福岡大に進むと1年春からリーグ戦で活躍し、2年時の大学野球選手権でホームランを放っている。

豪快なフルスイングが持ち味だったが、昨年は打率を求めてややスイングが小さくなっていた。しかし、もう一度見直し、フルスイングが戻ってきた。「社会人の投手からもホームランを打ったし、打球が変わってきた」と手応えを見せている。

体重も5kg増え、飛距離が増した。目標はプロ入りで「神宮で活躍しないと、その先は無いと思う」と話す。リーグを制覇し、大学野球選手権で2年時を超えるようなホームランを打ちたい。

また、永江大樹選手は右のスラッガーで、昨秋は打点王に輝いた。堀監督が「2年まではそれほど目を引くタイプではなかったが、コロナ禍で練習が休止になった期間で体が大きくなり、打撃が伸びた」と、個人の取り組みで成長をした選手と評価している。

昨秋は行われなかったものの、侍ジャパン大学日本代表合宿にも招集されており、「まさか自分が入るとは思わなかった」と話す。まずは福岡大の主将としてチームを引っ張り、打撃でも昨秋と同じく打点王を目指す。

福岡大の左右のスラッガーに注目したい。

福岡大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-九州六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
強打の2人、チーム引っ張る 西日本スポーツ紙面 2021/4/10

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント