帝京大・岡野佑大投手が147キロ完封「プロは絶対に行きたい場所」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

帝京大の岡野佑大投手が桜美林大を4安打に抑えて完封した。最速は147キロを記録した。

スポンサーリンク

下から浮くイメージのストレート

岡野佑大投手は神戸国際大付時代は176cm63kgと線の細い投手だったが、大学で86kgまでパワーアップし、140キロ中盤から後半を記録するようになった。

この日のリーグ開幕戦で先発を任されると、上背は無いものの「下から浮くイメージのストレート」と伸びるストレートを投げ、「ファウルを打たせることができた。回を追うごとに取れたのでよかった。」と9回4安打4奪三振で完封した。

神戸国際大付時代に1年先輩だった平内投手が、昨年のドラフト1位で巨人に指名されている。岡野投手も「プロは絶対に行きたい場所。悔いなくやりたい」と話し、この春のリーグ戦でアピールをする。まずは完封勝利を挙げ、日体大や東海大を相手にもこのピッチングを見せられれば、プロのスカウトも視線も熱くなる。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

高校の1学年上には、ドラフト1位で巨人入りした平内がいた。「プロは絶対に行きたい場所。悔いなくやりたい」と今秋ドラフトを見据えている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント