国学院大・山本 ダンテ武蔵選手が今季4号ホームラン

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

青学大1年・佐々木泰選手が4号ホームランを放ち注目されている東都リーグだが、今年のドラフト候補・山本ダンテ武蔵選手も負けじと4号ホームランを打ち、本塁打王のタイトル争いが激しくなっている。

スポンサーリンク

タイトルは考えず

山本ダンテ武蔵選手はこの日、初回1アウト3塁の場面で打席に入ると、初球のカーブを見逃した際に、「前に突っ込んでしまった。普通のキャッチャーなら、もう一球来るだろうと思って狙っていた」と配球を読み、2球目の同じカーブを引っ張ってライトスタンドに運んだ。

これで今季4号となり、佐々木選手とタイトル争いが激しくなっているが、山本選手は「そこを考えると、理想のスイングとかけ離れる。自分を律しながらやっていきます。ホームランで負けても、チームが勝てばいい」と話す。鳥山監督も「体ができてきて、精神も充実している、心技体のバランスが良く、春を迎えられている」と話している。この日は2安打3打点、佐々木選手のホームランを目の前で見たものの、佐々木選手を絶賛しながらも試合には勝利している。

心技体、全てが良い状態となった山本選手、大阪桐蔭時代も主軸として活躍したが、更に磨かれたスラッガーとなった。秋もこの状態が続いてホームランを量産して行ければ、プロも放っておかない選手となりそうだ。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

青学大の1年生・佐々木泰とリーグトップの4本塁打で並ぶ。「1年生とは思えないスイング。凄いなと思う」と同じ右打者としてリスペクトしている。一方で、タイトルへの思いを聞かれると、即答した。

 「そこを考えると、理想のスイングとかけ離れる。自分を律しながらやっていきます。ホームランで負けても、チームが勝てばいい」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント