大商大3年の147キロ左腕・伊原陵人投手が10回4安打11奪三振で勝利

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

来年のドラフト候補として注目される大商大の伊原陵人投手が、大阪経済大戦で「手のつけようがない」素晴らしい投球を見せた。

スポンサーリンク

来年注目左腕

伊原陵人投手は智弁学園出身で、高校時代から注目されていたが、大学では147キロの伸びる速球を武器に成長をしている。

この日は初回、ストレートを軸に2つの三振を奪って立ち上がると、5回に同点に追いつかれてなおも2アウト2塁の場面だったが、ここで3番バッターを144キロのストレートで三球三振に斬ってとった。

その後は安定した投球を見せ、延長10回を4安打11奪三振1失点で完投勝利、この投球に富山監督は「代わりどころがないくらい。手のつけようがなかった」と話した。

来年のドラフト候補として、秋以降に名前が挙がってきそうだ。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「首位直接対決で自分の投球で勝利を呼び込みたかった。大事な場面で自然に声が出てしまった」と闘志むき出しの投球を見せた。初回から全力で腕を振る。最速147キロを誇る力強い直球を軸に2つの三振を奪って、三者凡退の立ち上がり。

 気迫があふれ出たのは五回。先制した直後に同点を許し、なお2死二塁と一打勝ち越しのピンチ。しかし、ここで3番・三浦を3球三振。悪い流れを伊原が振り払った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント