148キロ専修大3年・菊地吏玖投手が9回6安打完封

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東都リーグ2部では、専修大の3年生エースで148キロの速球を投げる菊地吏玖投手が、拓大打線を9回6安打に抑えて完封した。

スポンサーリンク

来年ドラフト候補としてプロも注目

菊地吏玖投手は札幌大谷高校出身の投手で、183cm91kgと体があり、最速148キロの速球を投げる。この日は無観客試合だったが、プロのスカウトもすでに注目をしており、来年のドラフト候補となる。

この日は9回を投げて無四球と制球が安定し、7回1アウト1塁の場面でもツーシームで併殺を奪って抑えるなど、試合を支配した。「あそこは狙い通りにゲッツーが取れた。長打はいけない場面だったので良かった」と話し、7回からのピッチングについては「後半のアウト9個を取るのは難しいところ。気力を振り絞って全力で投げた」と話した。

拓殖大の馬淵監督も「後半にバテてくると思ったけど、球威が変わらなかった。なかなか打てない投球だった。完敗です」と話した。

専修大は現在無敗、勝ち点4.5で2部の首位を走る。菊地投手も来年にドラフト候補で注目される事になるが、1部のチームを相手にどんな投球を見せるのかで、評価は大きく変わってくるかもしれない。今年中に1部昇格を果たし、来年は神宮球場のマウンドで大勢のスカウトにアピールできる舞台を整えたい。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は無観客試合での開催だったが、スカウトからは早くも来年のドラフト候補に名前が挙がる素材だ。斎藤正直監督は「(菊地吏は)気持ちが入っていた。簡単に四球を出さないから、ベンチとしてはストレスが少ない投手ですね」とねぎらった。拓大の馬淵烈監督は「後半にバテてくると思ったけど、球威が変わらなかった。なかなか打てない投球だった。完敗です」と脱帽した。

専大の最速148キロ右腕・菊地吏が無四球完封 拓大戦/東都
 東都大学野球春季2部リーグ戦(専大2-0 拓大、1回戦、専大1勝、11日、上尾市民)専大の最速148キロ右腕・菊地吏玖投手(3年)が拓大打線を相手に7三振を奪うなど6安打無四球完封で完封し、チームを4勝目に導いた。菊地は183センチ、91キロの体を生かし、九回1死一塁の場面で拓大の4番にも真っ向勝負の直球で押して空振...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント