大商大・福元悠真選手がMVP、4球団6人スカウト視察し阪神「強い打球打てる」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西六大学リーグは、大阪商業大vs京都産業大の試合が行われ、2-0で大商大が勝利し10勝0敗の完全優勝を果たした。

スポンサーリンク

MVP

この日は先発した2年生の上田大河投手が7回0/3を4安打3奪三振無失点に抑え、8回を伊原陵人投手、9回を花村凌投手が無失点に抑えて完封リレー、2-0で勝利した。

この日は4球団6人のスカウトが視察し、プロ注目の外野手・福元悠真選手は、この日は8回の内野安打で4打数1安打だったが、視察した阪神の熊野スカウトは「しっかりスイングできる。スイングスピードもあるし、強い打球を打てている」と評価した。

この日は個人表彰選手も発表され、福元選手がMVPに選ばれた。また、3年生の修行恵大選手が首位打者(打率.375)に輝いた。プロ注目の京産大・北山亘基投手が最優秀投手に選ばれている。

またベストナインには、伊原投手、碓井雅也捕手、修行選手、福元選手など、大商大から8人が選ばれた。

大阪商業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

春季リーグは打率3割5分だった。チームを束ねる主将は試合後「負けたら恥と毎回(ナインに)言っています。9連勝で、最後、落としたら恥。10連勝で、最後まで勝ちきれるようにと思っていました」と話した。プロ4球団6人のスカウトが見守る前で強振を披露。阪神熊野スカウトは「しっかりスイングできる。スイングスピードもあるし、強い打球を打てている」と評価した。

【大学野球】プロ注目の大商大・福元悠真が2度目の最優秀選手 関西六大学野球
 すでに連盟タイ記録の4季連続21度目(旧リーグを含む)の優勝を決めている大商大が、京産大を2―0で下し、10戦全勝の勝ち点5で完全優勝した。全日程が終了し、最優秀選手賞は大商大の福元悠真(4年)が2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント