2年ぶりの大学野球選手権の見どころと注目選手(1日目)

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

昨年は新型コロナの影響により開催されなかった大学野球選手権が、2年ぶりに開催される。注目選手のリストの中から、特に見たい選手などを挙げてみます。

スポンサーリンク

注目選手

1日目神宮

天理大vs石巻専修大は、春MVPの天理大の左腕・井奥勘太投手と石巻専修大の左腕エース・斎藤智哉投手の両左腕の対決となり、リリーフでも天理大は148キロ右腕の牛島樹投手、石巻専修大も3年生のリリーフ・渋谷祐太郎投手が148キロの威力有る球を投げる。井奥投手は完投しそうな感じだが、石巻専修大は継投がポイントとなりそう。

上武大vs西日本工業大は、プロ注目の150キロ左腕・隅田知一郎投手が非常に注目される。強打者の揃う上武大打線にどのようなピッチングを見せるか。上武大はブライト健太選手と2年生・進藤勇也捕手の打撃が素晴らしく、ドラフト候補を相手に力を見せたい。

桐蔭横浜大vs国際武道大は関東の強豪対決、桐蔭横浜大はMVPに輝いた3年生の吉田賢吾選手と3年生で150キロを記録する菊地大稀投手、そして2年生で145キロの速球を軸に安定感のある古謝樹投手が注目。国際武道大は左サイドハンドから146キロの速球を投げる3年生の原田桂吾投手と、高校時から抜群のキレを見せる2年生左腕・板川佳矢投手の2枚看板が注目。1番の藤本誠啓選手もパンチ力がある。

1日目東京ドーム

名城大の2年生・松本凌人投手が2023年のドラフト1位候補。サイド気味のフォームから投げられる149キロの速球は威力十分で、エースの風格が漂う。沖縄大は2年生の國吉吹投手が高校時から144キロの速球を投げ注目されていたが、3年生エースの仲地礼亜投手が軸となる。

大商大は福元悠真選手が今年の大学生スラッガーで、特に右打ちの選手としてスカウトが注目する。打率.350、打点11は文句なしだが、ホームランが0本だったので、選手権で一発を見せたい。投手は3年生の伊原陵人投手が4勝、2年生の上田大河投手が3勝を挙げており、ともに高校時から注目された投手で、順調に力を付けている。二刀流の修行恵大選手は春に首位打者に輝いた。今後は高校時代に注目された投手にも力を入れていくということで注目される。東亜大は藤田淳平投手が182cmの左腕で緩急を使って抑える左腕、今春はMVPとベストナインに輝いている。

北海学園大は北見柏陽時代に184cmの投手として期待された畑賢志郎投手が、シーズン終盤に力を見せていた。リリーフエースの稲原周作投手との継投がポイント。福井工大はそれぞれ力のある立石健投手、谷優希投手、市川将大投手などが継投し、3年生の187cm右腕・前川怜投手も金沢学院大戦で先発するなど、力のある選手が揃う。

富士大はMVPの3年生右腕・金村尚真投手と、3本塁打12打点の山城響選手が軸となる。投手も野手も素質の高い選手が多い。岐阜聖徳大は新型コロナの影響で岐阜リーグ4位からの勝ち上がりとなった。まだ情報が少なく、どんな選手が出てくるか期待したい。

全日本大学野球選手権(2021)の注目選手一覧
6月7日に開幕する大学野球選手権の注目選手を紹介します。
大学野球選手権(2021)の出場チーム一覧
大学野球選手権大会(6月7日~13日)に出場するチームと、主な注目選手を簡単にまとめます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 観戦の手助けとなるいい記事ですね。
    初見となる大学ばかりなので全チーム登場する3日目まで
    紹介記事を書いてもらいたいです。