関西大1年・金丸夢斗投手が145キロで5回1安打無失点

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

関西学生リーグの前期チャレンジトーナメントが行われ、関西大の1年生・金丸夢斗投手が快投を見せた。

スポンサーリンク

神港橘で17奪三振記録し注目

金丸夢斗投手は昨年、神港橘高校で142キロの速球を投げ、夏の兵庫大会では甲南戦で1試合17奪三振を記録し注目されていた。

関西大に進むと最速は146キロを記録し、この日のチャレンジトーナメントの立命館大戦で先発すると、5回1アウトまでノーヒットノーランピッチングを見せた。

この日の最速は145キロ、「初回は力が入りましたが2回から切り替えて楽に投げられました。真っすぐが武器。」と話す。5回にはヒットを許し、1,2塁のピンチとなったが併殺で切り抜けて5回1安打無失点で投げ終えた。

関西大で投手陣のアドバイザーをしている元阪神コーチの山口高志氏は「真っすぐの制球がいい。あまり軸がぶれず、再現性を持っている。これからもっと強い体になれば楽しみだね」と話した。2024年のドラフト候補として成長を楽しみな投手。

試合は立命館大が9回に、高知高校出身の2年生・西村唯人選手の逆転2ランホームランが飛び出し、6−3で勝利した。

2024年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

最速146キロの大学1年生左腕がデビュー戦で躍動した。関大の先発金丸夢斗投手(1年=神港橘)が5回1安打無失点の快投をみせた。常時140キロ中盤に迫る速球が武器で、この日は最速145キロだった。危なげない内容で5回1死まで無安打投球。この回は一、二塁のピンチを背負うが三塁併殺打で切り抜けた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント