夏の高校野球・長野大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球長野大会、注目されているもののまだ力を見せていない145キロ右腕や、上田西を中心に好選手がいるが、全体的に候補の数は少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は昨秋は佐久長聖が優勝、上田西が準優勝し、上田西がセンバツに出場を果たした。ベスト4に東京都市大学塩尻と松商学園が入った。

春は松商学園が優勝、岡谷南が準優勝。ベスト4に長野日大と高遠。

松商学園、佐久長聖、上田西の実力校が右手候補だが、公立校で快進撃を見せるチームもあり、波乱もあるかもしれない。

注目選手

松商学園の今井英寿投手は、プロのスカウトも期待する145キロ右腕。昨年まで主に外野手としてプレーし、投手として登板が期待された今春は、右肩の故障で大事をとって登板がなく、3年夏でのブレークが期待される。

上田西の笹原操希選手は1年生の秋から4番を打ち、2年時からは1番を務める。50m6.0秒の俊足に、逆方向にも伸びる当たりで高校通算24本塁打を記録しており、長野県で頭一つ抜けた選手。

その他の選手

松商学園は投手では今井投手の他にも、141キロを記録する渡辺創治郎投手や、2年生左腕で130キロ後半のキレの良い球を投げる栗原英豊投手がおり層が厚い。打線も熊谷大生選手に長打力があり屈指のスラッガー。高い打率でチャンスを作る忠地大樹選手など形ができている。

上田西はセンバツで好投を見せた左腕の山口謙作投手が安定しており、182cmから130キロ中盤の速球を投げる松村龍我投手も本格化している。141キロを記録する堀内琢斗投手など投手陣が充実しているが、俊足外野手の梅香拓海選手、高い守備力が注目される柳沢樹選手、対応力の高い打撃を見せる主軸の杉浦琉生選手など、打線は更に充実している。

佐久長聖は4番を打つ良元優斗選手が、逆方向にも打球が伸びるようになり確実性も上がってきた。95kgあった体重を83kgまで絞り、動きもシャープになっている。181cm83kgの大型捕手・江原皐生捕手も捕球やスローイングが良く、状況に応じた打撃もできる。139キロの速球を投げる藤井輔投手や、ショートの朝田健祥選手など守備面も鍛えられている。

岡谷南の星野光太選手は、投げては137キロの速球、打っても高校通算26本塁打の長打力と50m6.2秒の足があり、身体能力の高い二刀流として注目される。高遠の湯田健司投手も最速138キロの速球を投げ、長打力や足もある三拍子揃った選手で星野選手と比較できる。

長野日大の白根羽琉投手は、長くてしなる右腕からキレの良いストレートを投げ、1番バッターの平林大輝選手はパンチ力でいきなり試合を動かす力がある。東京都市大塩尻は2年生の左腕・三沢俊介投手と、右腕・今野瑠斗投手が技巧派投手で、3年生の松田盛健捕手がしっかりとリードをする。

飯田OIDE長姫の松下秀投手もきれいな腕の振りから140キロのストレートは魅力十分。長野商の丸山雄大投手は140キロを越す速球を投げ、小諸商の青柳響生投手も130キロ後半の速球が自慢。上田東の小坂井春翔投手も1年時に132キロの球を投げ期待された投手。日本ウェルネス長野の広瀬大樹投手はサイドからキレの良い変化球を投げる。

小海高の井出彩斗選手は遠投115mの強肩と、広角に力のある打撃を見せる選手。上田染谷丘の小林頌選手は1番バッターで今春に3本塁打のパンチ力を見せた。

2021年度以降-高校生-長野県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント