関西学院大・黒原拓未投手が連投、阪神、中日、DeNA、オリックスが2日連続の視察

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

関西学院大の151キロ左腕・黒原拓未投手が、前日に続いての登板をし1回を1安打1奪三振無失点に抑え、ドラフト会議前の最後の登板を終えた。

スポンサーリンク

4球団が連日視察

黒原拓未投手は調整の関係で、前日の10月3日の関西大戦が今季初登板、2回を2安打3奪三振無失点に抑えた。そしてこの日の関西大2回戦では9回から5番手で登板すると、1回を1安打1奪三振無失点に抑えた。最速は144キロだった。

ドラフト会議前の試合はこれが最後となるが、黒原投手は「状態は問題ない。この2日間、自分のアピールポイントを出して、自分らしい投球ができて、いいアピールになったんじゃないかと思います」と話した。

前日は11球団22人のスカウトが視察をしたがこの日も阪神、中日、横浜DeNA、オリックスが2日連続となる視察をした。オリックスの乾スカウトは、「元気な姿を見られたのは良かった。春のリーグに優勝でチームをけん引しているところは見せてもらっている。評価はしっかりさせていただいています」と話した。

春に5勝1敗でMVPの活躍を見せた黒原投手、ドラフト会議では筑波大・佐藤隼輔投手、西日本工業大・隅田知一郎投手とともに大学生左腕の上位候補として注目される。ドラフト会議ではハズレ1位か2位で指名されそうだが、2017年に横浜DeNAが東克樹投手を単独1位指名した例もあり、単独1位指名を目指して最初の入札で指名される可能性もある。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

関学大は新型コロナウイルスの影響で9月初旬から約2週間、活動ができなかった。調整不足だった黒原は3日の関大戦で今季初登板し、2回を無失点に抑えた。阪神、中日、DeNA、オリックスが2日続けて視察する前で、144キロをマークした。

オリックス乾スカウトは、黒原のドラフト前最終登板を確認し、「元気な姿を見られたのは良かった。春のリーグに優勝でチームをけん引しているところは見せてもらっている。評価はしっかりさせていただいています」とコメントした。

上位指名候補151km左腕の関学大・黒原「良いアピールになった」スカウト眼前で好リリーフ【関西学生野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇4日 関西学生野球秋季リーグ 関学大4―5関大(ほっともっとフィールド神戸) 今秋ドラフト上位候補に挙がる関学大の黒原拓未投手(4年...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. うるるとさら、

    いい球投げる投手だわ。