巨人ドラフト1位・翁田大勢投手が3回4奪三振1失点、「少しでも成長した状態で春を」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人からドラフト1位指名を受けた関西国際大の翁田大勢投手が、大学最後となる登板をした。

スポンサーリンク

3回1失点

7回から登板した翁田大勢投手は、1アウトから左飛と思われた打球をレフトが捕球できずに二塁打となると、1アウト3塁から内野ゴロの間に1失点、それでも9回までの3イニングを投げて1安打4奪三振1失点、最後の打者には153キロの速球を投げて三振を奪った。

西脇工業時代に注目されたものの指名漏れとなった右腕は、大学の4年間で最速は157キロ、ドラフト1位を掴む投手となった。鈴木監督も「技術の向上と、人間的な成長は比例する。いろいろな意味で、しっかりしたし、この4年間で大人になった。できるだけ長く、故障せずに投げ続けてほしい。与えられたところで、しっかりと結果を残せるように頑張ってほしい」とエールを送った。

これで大学野球を卒業し、プロの世界へ飛び込む。「これからは結果が全ての世界に入っていくので、ああいうところをしっかり詰めていきたいなと思います」と話し、「プロで活躍するために変化球の質や細かいフォームの修正など、やらないといけないことが山ほどある。少しでも成長した状態で春を迎えたいです」とキャンプまでにプロ野球投手となる準備をする。

リリーフで力を見せるが、サイドから150キロの球を投げ続けられるスタミナもあり、巨人は先発ローテーション入りを期待する。まずは怪我なく、春の新人合同自主トレに姿をみせたい。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
【巨人】ドラ1関西国際大・翁田大勢、大学ラストボール153キロ 同級生6人0封リレー継ぎ3回4K
 巨人からドラフト1位指名を受けた関西国際大・翁田(おうた)大勢投手(4年)が17日、神戸国際大との2回戦で7回からリリーフ登板。最速153キロを計測した直球を軸に、3回を打者10人に対して1安打1失
巨人ドラ1・関西国際大の翁田 同じ変則右腕「ミスター完投」斎藤雅樹の後継者だ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 巨人からドラフト1位指名を受けた関西国際大の翁田(おうた)大勢投手(22)が17日、大阪市内で行われた阪神大学野球リーグの神戸国際大戦で救援登板。最速153キロで3回1失点、4奪三振と好投した。原辰徳監督(63)は先発投手としてのスタミナを評価。球団OBでは「ミスター完投」と呼ばれた斎藤雅樹と同じ変則右腕として、大投...
巨人D1位の関西国際大・翁田、大学ラスト登板「狙って」153キロで三振締め!さぁプロで名を上げる
全国に〝翁田〟の名前を広げる。巨人からドラフト1位指名された翁田(おうた)大勢投手(22)=関西国際大=が17日、阪神大学リーグ最終戦の神戸国際大戦(南港中央)…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント