オリックスのドラフト1位・東北福祉大の椋木蓮投手が152キロ三者三振

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスがドラフト1位で指名した東北福祉大・椋木蓮投手が、東北学院大戦の9回に登板し、打者3人をすべて三振に斬ってとった。

スポンサーリンク

152キロ

3-0で迎えた9回、クローザーとしてマウンドに登った椋木蓮投手は、最速152キロの速球とカットボール、ツーシームを投げて三者から三振を奪った。

2人には最速151キロ、最後の打者には最速152キロを記録した。椋木投手は先日のドラフト会議でオリックスからドラフト1位指名を受けており、この日は牧田編成副部長、上村スカウトがスタンドから見守った。

体にバネを感じさせ、それほど大きくない体から150キロを連発する。指にかかった球は圧倒的な威力を見せる。プロではさらに下を安定させて、良い球の割合を増やしてゆきたい。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】オリックス1位指名の東北福祉大・椋木蓮が指名後初登板で152キロ 3者連続三振
 オリックスから1位指名された東北福祉大の最速154キロ右腕・椋木蓮(4年)=高川学園出=が、ドラフト後初登板で1回無失点の3者連続三振を成し遂げ、「ドラ1」の風格を見せつけた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント