東北楽天ドラフト6位の早稲田大・西垣雅矢投手が完封、30イニング連続無失点

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東京六大学では、東北楽天にドラフト6位で指名された早稲田大の西垣雅矢投手が、明治大2回戦で先発し、9回8安打11奪三振で完封勝利した。これで今シーズンが30回連続無失点を続けている。

スポンサーリンク

楽天スカウト部長「他の起用も出てくるでしょう」

西垣雅矢投手はこの日、明治大打線を相手に140キロ中盤の速球と、チェンジアップ、得意のフォークボールを織り交ぜ、9回を投げて8安打を許すも11三振を奪って完封勝利を挙げた。

「思ったところにコントロールできていた。打者を見ながら投げていて、そんなに打たれないだろうと思った」と話し、相手バッターを見て投げる西垣投手らしい投球となった。

春は球速が140キロ前後となり、0勝3敗だった。それを経て、球を強くすることをテーマに夏は巨人2軍との試合で150キロを記録した。それでも4回3安打2失点とプロを抑えられず、「140キロ台後半でも打たれる。何か変わらないといけない」と、打者との駆け引きや配球を見直した。

今秋は立教大戦で3失点したものの、東大を完封、法政大戦も9回無失点で引き分け、そしてこの日の完封で30イニング連続無失点となった。この日はドラフト6位で指名した東北楽天の後関スカウト部長が視察をしたが、「フォークがストライクゾーンから落ちていて、空振りも取れていた。真っすぐが生きていた。中継ぎはできると思っていたけど、即戦力として、他の起用の可能性も出てくるでしょう」と話し、来年の先発ローテーションの可能性も見ていた。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

西垣を視察した楽天・後関スカウト部長は「フォークがストライクゾーンから落ちていて、空振りも取れていた。真っすぐが生きていた。(プロ1年目に)中継ぎはできると思っていたけど、即戦力として、他の起用の可能性も出てくるでしょう」と太鼓判を押した。

【大学野球】楽天6位指名の早大・西垣雅矢が今季2度目の完封で明大に連勝 連続イニング無失点は30に
 早大は、楽天にドラフト6位で指名された150キロ右腕・西垣雅矢(4年=報徳学園)が、明大打線に8安打を浴びながらも落差の大きなフォークを武器に11三振を奪い、無四球完封で今季2勝目(1敗)。3日の東
楽天6位の早大・西垣雅矢が完封「最後に勝たないと」逆転V目指し早慶戦へ - アマ野球 : 日刊スポーツ
「0」を続けて、優勝の望みをつないだ。早大は楽天からドラフト6位指名を受けた西垣雅矢投手(4年=報徳学園)が明大打線を8安打無失点に抑え、今季2度目の完封勝利… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント