慶応大が明治神宮大会決勝進出、下山悠介選手がサヨナラホームラン&正木智也選手4安打

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

慶応大は、3年生で来年のドラフト候補の下山悠介選手のサヨナラ2ランホームランで神奈川大を下し、決勝進出を決めた。福岡ソフトバンクドラフト2位の正木智也選手は4打数4安打を記録した。

スポンサーリンク

3番・下山、4番・正木

3番・下山悠介選手、4番・正木智也選手は、慶応高時代から組んできたコンビで、正木選手の大学野球が今大会で最後となるため、このコンビも残りわずかとなっている。

この日、4番の正木選手が4打数4安打の固め打ちを見せると、4−4の同点で迎えた9回に、下山選手の2ランホームランが飛び出し、慶応大がサヨナラで勝利した。下山選手は、「何とか正木さんにつなぐために初球から攻めていこうと思っていました」と話した。

打ったのは来年のドラフト候補で、最速152キロの速球を投げる神野竜速投手。その134キロの動く球をフルスイングし、打球はライトスタンド中段まで届いた。「まさか入るとは思っていなかった。決勝に進むことができてホッとしています」と話す。

そして正木選手も、「4打数4安打ということで、内容としてはできすぎ。しっかり来た球に対して、自分のスイングができている印象です」と話し、自らの打撃を振り返る。そして、「データが少ない中で、アナリストが細かくデータを出してくれたり、動画を作ってくれたりする。それがすごく助けになっていて、頭に入れて野球ができている」と話し、支えてくれるスタッフをたたえた。

正木選手は、慶応高最後の公式戦でも、大学野球選手権の決勝でもホームランを放っている。大学最後となる今日の決勝戦でも、アーチをかけてプロへと飛び立ちたい。

今日、中央学院大と決勝戦を戦う。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】5日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会5日目は、大学の部の準決勝2試合が行われます。対戦カードと注目選手を紹介します。

同点の9回1死三塁。後ろに座る正木も含めて2人との勝負を避けて満塁策も考えられる状況で、相手はそこまで4打数無安打の自分に勝負を挑んできた。来秋のドラフト候補に挙がる最速152キロ右腕・神野が投じた134キロの動く直球をフルスイング。白球は右翼席中段で弾んだ。どよめきに包まれる中、悠々とベースを一周。チームメートにヘルメットを叩かれる手荒い祝福も受け「まさか入るとは思っていなかった。決勝に進むことができてホッとしています」と喜びに浸った。

試合は、9回に下山のサヨナラ2ランが飛び出した。25日の決勝に、史上5校目の年間4冠(春、秋リーグ戦、大学選手権、明治神宮大会)がかかる。正木は「チーム全員、4冠をするために1年間、ずっとやってきました。もちろん、4冠は簡単なことじゃない。先を見すぎずに、目の前のワンプレー、1打席、1球に集中して、目の前のことを積み重ねて結果がついてくると思う」と語った。

【神宮大会】大学4冠狙う慶大が下山のサヨナラ2ランで決勝進出 大会連覇も王手
 史上5校目(6度目)の大学4冠(春秋リーグ戦、全日本大学選手権、神宮大会)を狙う慶大(東京六大学)が、劇的なサヨナラ勝ちで神奈川大(関東5連盟第2)を下し、2大会連続の決勝進出を決めた。
慶大、下山悠介のサヨナラ2ランで「4冠」に王手!「何とか外野までと思って…」【明治神宮大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇24日 アマ野球 明治神宮大会・大学の部 準決勝 慶大6x―4神奈川大(9回サヨナラ、神宮) 東京六大学リーグの早慶戦2試合で無安打...
慶大がサヨナラ勝ちで年間4冠王手「外野に運べば点が入る」下山悠介V弾 - アマ野球 : 日刊スポーツ
慶大がサヨナラ勝ちで決勝に進み、史上5校目の年間4冠(春、秋リーグ戦、大学選手権、明治神宮大会)に王手をかけた。4-4の9回1死三塁、下山悠介内野手(3年=慶… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント