中央学院大が決勝進出、好投・古田島成龍投手を山崎凪投手が救う

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

明治神宮大会準決勝は、中央学院大が東都リーグ覇者の国学院大に勝利し、決勝進出を決めた。ドラフト候補だった2投手がリレーを見せた。

スポンサーリンク

ドラフト候補

この日は初回に一挙4点を挙げるなど、2回までに6−0と東都リーグ覇者を圧倒した中央学院大だが、国学院大も底力が図りしれず、4回に2点を返した。

4回途中から中央学院大は、エースの古田島成龍投手が登板し、8回までをノーヒットに抑える好投を見せた。しかし9回におかしくなる。先頭から三者連続四球を与え、ノーアウト満塁のピンチとなり、リリーフエースの山崎凪投手が登板した。

すると山崎投手は、「今までもピンチで使ってもらってきた。ビビらないで腕を振って投げられました」と話し、ダイナミックなフォームから力のある球を投げる。浅い外野フライのあと、2者連続三振で、最後は埼玉西武に育成ドラフト4位で指名された川村啓真選手を三振に斬った。

古田島投手、山崎投手共に150キロ前後の速球を投げ、今年のドラフト候補として注目された。しかし、プロ志望届を提出したものの、ドラフト会議で名前は呼ばれなかった。悔しさを跳ね返し、この日、ドラフト指名選手3人を要する国学院大に勝利し、決勝進出を決めた。

今日の決勝戦も、相手の慶応大には正木智也選手(福岡ソフトバンクドラフト2位)、渡部遼人選手(オリックス4位)がいる。二人を相手に意地の投球が続く。

中央学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】5日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会5日目は、大学の部の準決勝2試合が行われます。対戦カードと注目選手を紹介します。

最大のピンチでの登板にも動じなかった。大会出場をかけた関東地区大学野球選手権でも抑えを務めた右腕は、ナインからも期待されてマウンドに送り出された。「今までそういう場面で使っていただいてたので、普段通りにマウンドに向かいました。ビビらずに、物おじしないで投げられました」と、平常心が結果を招いた。

【明治神宮大会】中央学院大が11連勝で日本一王手!9回無死満塁でリリーフの山崎凪がしのいだ:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇24日 アマ野球 明治神宮大会・大学の部 準決勝 国学院大2―6中央学院大(神宮) 9回無死満塁をしのいだ中央学院大が19年ぶり3度...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント