慶応大が練習納め、下山悠介選手・生井惇己投手がプロ志望表明

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

慶応大はこの日、今年の練習納めを行った。新主将の下山悠介選手と、152キロ左腕の生井惇己投手が、来年のプロ入りを明言した。

スポンサーリンク

主将とプロ入り

主将の下山悠介選手は、1年生の秋に東京六大学で三塁手としてベストナインを獲得すると、2年秋もベストナインに選ばれた。今年は遊撃手としてレギュラー出場し、春は打率.350を記録、大学野球選手権で優勝をした。秋は打率.270で明治神宮大会優勝を逃し、悔しい思いもしている。

特に明治神宮大会の決勝では、9回に8−9と追い上げ、さらに2アウト1,3塁の場面で打席にたった。そしてライトへ放った打球は感性が上がったものの、打球は伸びずにライトフライとなり最後の打者となった。

「3年間の経験で、ミートする打撃は確立できたかなと。力強い打球を打つために、スイングスピードを速くしたいです」と話し、冬のトレーニングでスイングスピードを、現在の143キロから150キロ超えを目指す。

主将としては今年のチームを超えることを目標とするが、「今年以上となると四冠になるが、そんなに簡単じゃない。まず、春優勝できるようにしたい」とまずは春のリーグ戦制覇に狙いを定める。

そして、「プロを目指していくのと、勝負の年になると思う」と話し、「行動や姿勢でチームを引っ張っていきたいです。プロを目指していますし、両方全うしたいです」とプロ入りについても明言した。

クロスファイヤー王子

また、慶応大では生井惇己投手も注目される。生井投手は最速152キロの速球を投げ、特に右打者のインコースのクロスファイヤーの威力は凄まじい。

主にリリーフで登板するが、昨年秋は早稲田大の蛭間選手に優勝をさらわれるホームランを浴び、「この秋もリーグ戦で悔しい思いをしている」と今年も悔しい思いをしている。特に同学年で同じ左腕の増居翔太投手が、春に4勝を挙げ、大学代表候補合宿にも呼ばれており、悔しさを感じているだろう。

生井投手は「エースとして投げられるようにがんばっていきたい。目標は、松井裕樹さん。プロへ行くためにも、春が全てになると思う」と話す。150キロの速球をきっちりとインコースに投げ、外側の変化球が使えるようになれば、相手を圧倒する投球ができると思う。

下山選手、生井選手は、来年のドラフト候補として1年間注目されることになる。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
慶大・下山悠介、神宮大会決勝の悔しさバネに「主将」と「プロ」両立目指す - アマ野球 : 日刊スポーツ
悔しさをバネに、目標のプロ入りをかなえる。東京6大学野球の慶大は20日、年内最後の練習を終えた。新チームで主将を務める下山悠介内野手(3年=慶応)には「あの打… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
慶大、新主将・下山と最速152キロ左腕・生井がプロ志望明言 まずは来春V目指す/東京六大学
東京六大学野球の慶大は20日、横浜市港北区のグラウンドで今年の全体練習を終了した。新主将となった下山悠介内野手と最速152キロ左腕・生井惇己投手(ともに3年)が…
【大学野球】 明治神宮大会の悔しさを胸に冬の成長を誓う慶大の新主将・下山悠介
 東京六大学の春秋リーグ戦と全日本大学選手権を制した慶大が20日、神奈川・横浜市の同校グラウンドで年内最後の練習を行った。新主将の下山悠介内野手(3年=慶応)は「まず背中で引っ張り、自分が率先して行動
慶大 プロ注目の下山悠介「パンチ力をテーマに」レベルアップに余念なし/デイリースポーツ online
 東京六大学野球リーグの慶大は20日、横浜市内の同大学グラウンドで年内の活動を終えた。来秋ドラフト候補の下山悠介内野手(3年・慶応)は新チームの主将に就任。小~高まで担ってきたリーダー役を大学でも担い、「人数が多い。全体を見る力が必要」とリーグ戦春秋連覇と全日本大学選手権を制した常勝軍団をけん引していく。 大学4冠が懸...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント