2021年の社会人野球ベストナイン発表、大阪ガスが広島6位・末包昇大選手、来年注目の河野佳投手など4人

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

社会人野球の日本野球連盟は、今年の社会人野球のベストナインを発表した。大阪ガスで広島にドラフト6位で指名された末包昇大選手など、大阪ガスから4人が選ばれた。

2019年社会人ベストナイン

ポジション選手名年齢チームドラフト
投手河野佳20大阪ガス 
捕手須田凌平29セガサミー 
一塁手久木田雄介28三菱重工East 
二塁手峰下智弘29大阪ガス 
三塁手吉田潤32東芝 
遊撃手中川智裕24セガサミー 
外野手向山基生25NTT東日本 
末包昇大25大阪ガス広島ドラフト6位
小柳卓也30三菱重工East 
DH三井健右23大阪ガス 

個人表彰選手

タイトル選手名年齢チーム成績
首位打者久木田雄介28三菱重工East.444(45打数20安打)
最多本塁打向山基生25NTT東日本6本塁打
最多打点向山基生25NTT東日本20打点(20試合)
最多勝利投手河野佳20大阪ガス6勝0敗
最優秀防御率河野佳20大阪ガス0.21(7試合)

ベストナイン選手紹介

投手:河野投手は6勝を挙げ、防御率0.21で投手2冠を獲得。日本選手権ではMVPに選ばれ、都市対抗では大会唯一の完封勝利を挙げた。高校卒2年目で150キロを超す速球に変化球も制球良く投げられる。来年はドラフト1位候補として注目される。

捕手:都市対抗、日本選手権で合わせて7試合でマスクをかぶった須田選手が、年間打率.324も記録し初受賞。

一塁手:16試合で打率.444を記録し、首位打者賞を獲得した久木田選手が初受賞

二塁手:峰下が日本選手権優勝に貢献し、高い打率も残して2度目の受賞

三塁手:吉田選手は日本選手権、都市対抗でともに打率3割以上を打って初受賞

遊撃手:都市対抗で満塁ホームランなど2本塁打を放った中川選手が、安定した守備、そして17打点を挙げた点を評価され初受賞。大型遊撃手としてドラフト候補として注目されたが、ドラフト直前の都市対抗予選ではノーヒットと不調だった。来年は年間を通して安打、そしてホームランを打ちプロ入りが期待される。

外野手:6本塁打、20打点で2冠を獲得した向山選手が文句なし。日本選手権で打率.450を記録し、都市対抗でもホームランを放った末包選手、年間を通して安定した成績を残した小柳選手が選ばれた。末包選手は広島にドラフト6位で指名された。

指名打者:日本選手権で5打点を挙げ、優秀選手に輝いた三井選手が、年間打率.408、10打点も評価された。大学卒ルーキーで、大学時代も注目された選手。来年は守備でもアピールができるようにポジションを獲得したい。

2021年度-社会人投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
広島ドラ6・大阪ガスの末包らがベストナインに選出 社会人野球表彰 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2021年度社会人野球表彰(主催・日本野球連盟、共催・スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社、協賛・シチズン時計)のベストナイン部門が20日、発表された。日本選手権優勝に貢献し、広島からドラフト6位指名を受けた大阪ガス・末包(すえかね)昇大外野手(25)らの受賞が決まった。22日に都内で表彰式が行われる。選考経過は以下の...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント