静岡大・井手駿投手は東京ガス、石田雄大投手は西濃運輸入り

社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

静岡大の2枚看板で、ドラフト候補として注目された井手駿投手と石田雄大投手が、それぞれ社会人野球のチームに内定したことがわかった。

スポンサーリンク

やるからには上を目指す

井手駿投手は182cmの右腕投手で、最速は148キロ、今年のドラフト候補として注目されたものの、ドラフト会議ではプロ志望届を提出したものの指名は無かった。

その井手投手は、東京ガスに内定をしたことがわかった。チームは今年の都市対抗で優勝し、来年は王者としての年になるが、「優勝チームに入るのは重圧もあるけど、先輩方のいい所を吸収していきたい」と話す。そして「やるからには上を目指す」と話し、2年後のドラフト会議での指名を目指す。

石田雄大投手は174cmの右腕投手でこちらも最速は148キロを記録、プロ志望届を提出していた。ドラフト会議で指名がなく、その直後は野球を辞め、大学院進学も考えていたという。

しかし、「野球で勝負できるのは今しかない」と話し、社会人の強豪・西濃運輸に内定した。練習がきついと聞いたが、自分に合っていると思う。野球でご飯を食べていく覚悟を持って行く」と話す。

ともにライバルとして、練習環境がそれほど恵まれていない中で切磋琢磨し、プロが注目する投手に成長した。石田投手は井手投手に「刺激になる」と話すと、井手投手も「石田がいなかったら速い球を投げようと思わなかった」と話す。

今度は社会人野球の別々のチームで、どんな成長とピッチングを見せるのか注目したい。

静岡大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年大学生プロ志望届提出選手一覧
2021年の大学生のプロ志望届提出選手の特徴を簡単に紹介します。9月27日までに合計139名になりました。
【大学野球】静岡大の148キロ右腕コンビ・井手駿と石田雄大が社会人野球入り
 静岡大野球部の148キロ右腕コンビ、井手駿投手(4年)と石田雄大投手(4年)が社会人野球入りすることが20日、分かった。井手は都市対抗王者の東京ガス、石田は西濃運輸にそれぞれ内定。今秋ドラフトでは指
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント