白鴎大の151キロ左腕・曽谷龍平投手がブルペンで100球、フリー打撃で30分間の投球

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

侍ジャパン大学代表候補で、最速151キロの速球を投げる左腕として注目される白鴎大の曽谷龍平投手が、この日はブルペンで100球、その後、フリー打撃で30分間の投球を行った。

スポンサーリンク

1週間で800球

曽谷龍平投手はこの日、ブルペンでストレートを中心に100球を投げると、午後はフリー打撃でも登板し、約30分間の投球を行った。この1週間で800球の投げ込みを行う予定で「オフはトレーニング中心。筋力がアップしても、投げることでしか分からないものや身に付かないものがあると思う」とその目的について語った。

曽谷投手は183cmの上背がある左腕投手で、最速は151キロを記録する。伸びのある球が特徴で侍ジャパン大学代表合宿でもその威力ある球を見せていた。

しかし、その合宿では日体大でドラフト1位候補として注目される矢澤宏太投手と交流し、「準備から違う」と取り組む姿勢を学んだ。ドラフト1位指名確実と言われる左腕から学んだことを活かし、曽谷投手もさらに進化を続ける。

2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2022年の侍ジャパン大学代表候補合宿参加メンバーが発表された。合宿は12月3日から12月5日まで松山坊ちゃんスタジアムで行われる。
2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
曽谷龍平、800球投げ込む!白鷗大の最速151キロ左腕がフル稼働
今秋のドラフト候補、白鷗大の最速151キロ左腕・曽谷(そたに)龍平投手(3年)が6日、栃木・小山市のグラウンドでフル稼働した=写真。ブルペンで直球中心に100球…

この1週間でブルペン、フリー打撃合わせて800球を投げ込む計画。オープン戦を経て、4月上旬の関甲新学生リーグ開幕に向かう。昨年12月の大学日本代表候補合宿では〝二刀流〟で注目される日体大・矢沢に「準備から違う」ことを学んだという曽谷。183センチ、79キロのスリークオーターが春満開を目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント