上武大の146キロ左腕・新谷晴投手に中日スカウト「楽しみな左腕」

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

上武大がシート打撃を行い、最速146キロの速球を投げる左腕・新谷晴投手が登板した。

スポンサーリンク

打者10人をノーヒット

新谷晴投手は日本文理高校出身で、2018年にドラフト6位で東京ヤクルトに指名された鈴木裕太投手と同期だった。上武大に進むと、鈴木投手と同じ舞台に上がるべく、プロ入りを目指し、最速146キロの速球とチェンジアップ、スライダーを織り交ぜる投球で、ここまでリーグ通算4勝を挙げている。

この日はシート打撃に登板すると、打者10人をノーヒットに抑える見事な投球を見せた。今年は4年生となりドラフト候補となるが、この日は中日の正津スカウトが視察し、「スライダーがいいし、楽しみな左腕」と評価した。

新谷投手は、「タイトルをとれるような投球で春のリーグ戦で優勝できるようにしたい。これから、気迫で抑えられる投球をめざしていきたい」と話す。上武大でも同期に153キロ右腕の加藤泰靖投手がおりプロから注目されているが、今度は一緒にプロの舞台へと上がりたい。

2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
上武大の最速146キロ左腕・新谷晴がシート打撃初登板で無安打 今秋のドラフト候補/関甲新
上武大(関甲新学生野球連盟)の最速146キロ左腕・新谷晴(しんや・はると)投手(3年)が15日、群馬県伊勢崎市のグラウンドで今季初のシート打撃に登板し、打者10…

さらには、ヤクルトに入団した新潟・日本文理高時代の同期、右腕・鈴木裕太投手と同じ舞台に立つことを大学入学時から意識。視察した中日・正津スカウトは「スライダーがいいし、楽しみな左腕」とうなずいた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント