慶応大・下山悠介選手が名城大の注目投手からホームラン

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

慶応大は名城大とオープン戦を行い、主将でドラフト候補内野手の下山悠介選手が、名城大の新3年の150キロ右腕・松本凌人投手からホームランを放った。

スポンサーリンク

ホームラン

下山悠介選手は慶応大の主将で、打撃の良い内野手としてプロも注目している。この日は3番サードで出場すると、1回に松本凌人投手との対戦で、ストレートを右中間へ弾き返し、柵を越えた。「変化球を待っていたけど、いい反応ができました。直球をはじき返すという、冬に取り組んできたことができたのは1つの成果」と話した。

松本投手は最速150キロの速球を投げる新3年生で、昨年12月の侍ジャパン大学代表候補合宿に参加し、2回無失点の好投を見せていた。同じく合宿に参加していた下山選手とは同じチームで対戦はなかった。

名城大は捕手の野口泰司選手も代表候補合宿に参加し、捕手として今年のドラフト候補に名前が挙がる。下山選手は試合前に「よろしくね」と挨拶をしていた。

下山選手はこれまでリーグ通算で打率.298、2本塁打を記録している。サードとしてさらに強打を発揮し、この日のようなホームランも増やして行きたい。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の慶大・下山悠介が帰京後初OP戦で豪快ソロ弾「冬に取り組んできたことができた」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学の慶大は、遠征からの帰京後初のオープン戦を行った。初回、今秋ドラフト候補の下山悠介内野手(3年=慶応)のソロ本塁打で先制したが、逆転されて接戦を落と… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

下山は「3番・三塁」でスタメン出場。1回2死、昨年12月の大学日本代表候補選考合宿でともに練習した名城大の右腕、松本凌人投手(2年=神戸国際大付)の直球を右中間へ豪快に運んだ。「変化球を待っていたけど、いい反応ができました。直球をはじき返すという、冬に取り組んできた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント